このエントリーをはてなブックマークに追加

ストリーミング配信の仕組みについて基礎知識を解説

ストリーミング配信には、どのような仕組みが使われているのでしょうか。インターネットへの動画配信の技術」として、広く使われているストリーミング配信。その仕組みをご紹介します。

ストリーミング配信とは

インターネットで動画を見る場合、従来は膨大なファイルデータをパソコンのハードディスクへ、すべてダウンロードしてからでないと視聴できませんでした。すべてのファイルデータをダウンロードするには時間がかかり、現在のように動画を気軽に楽しむことは難しかったのです。

そこで登場したのがストリーミング配信。サイズの大きいファイルをパケット化して、ダウンロードしながら同時に再生するという仕組みで、パケットはパソコンのメモリに蓄積されます。ユーザーはダウンロードの待ち時間を気にすることなく、見たいときにすぐに動画を視聴することができるようになりました。

視聴が終わるとパケットデータはメモリから消去され、パソコン内に残ることはありません。

ストリーミング配信のメリット

ストリーミング配信には、以下のようにたくさんのメリットがあります。

  • 有料サービスなどテレビではできない情報の提供
  • アクセス履歴による効果の分析が可能
  • インタラクティブによりユーザーのリアルタイムな動向の把握が可能
  • ファイルがハードディスクなどに保存されない仕組みのため、違法コピーを防ぐことが可能

ストリーミング配信の2つの配信方法

現在のストリーミング配信には、オンデマンド配信とライブ配信があります。

オンデマンド配信とは

オンデマンド配信は、あらかじめサーバにアップロードされた動画ファイルを、ユーザーが見たいものを見たいときにアクセスして再生する仕組みの配信方法。ビデオデッキでビデオを見るように、早送りや巻き戻しなどが自由に行えるるので、手軽な視聴が可能です。

WindowsMediaやQuickTimeなど、4種類のフォーマットが主流を占めています。映画などのプロモーションビデオやセミナーなど、あらゆるコンテンツで広く利用されています。

ストリーミング配信に際しては、動画撮影用のデジタルビデオカメラや動画編集ソフト、撮影した素材をストリーミングフォーマットへ変換するためのエンコーダーソフトが必要です。また、動画ファイルの公開には、ストリーミングサーバと高域帯専用回線が必要になります。

ライブ配信とは

ライブ配信は、文字通りテレビの生中継のようなものです。撮影している映像を、ストリーミング配信用にエンコードしてリアルタイムで配信する仕組みで、早送りなどの操作はできません。パーソナル放送局や監視システム、eラーニング、会議や研修などで使用されています。

ライブ配信には、オンデマンド配信同様、デジタルビデオカメラ、エンコード用パソコン、エンコードソフト、ストリーミングサーバ、回線が必要です。

プログレッシブダウンロードとの違い

ストリーミング配信に似た配信方式に、「プログレッシブダウンロード」があります。プログレッシブダウンロードは、パソコンのハードディスクなどに保存しながら再生します。

通常のwebサーバを利用するので、コストは小さくオンデマンド配信に向いた配信方式です。しかし、ファイルがパソコン内に残る仕組みなので、セキュリティの面ではストリーミング配信が優れていると言えるでしょう。またプログレッシブダウンロードはライブ配信はできません。

ストリーミング配信の仕組みを知って機材を揃える

ストリーミング配信の仕組みを知ると、必要な機材を的確に選ぶことができるでしょう。動画メルマガなどの動画コンテンツのストリーミング配信をするには、動画撮影に必要なデジタルビデオカメラやパソコンなどさまざまな機材が必要になります。

フジヤエービックでは、新品・中古のPC・ライブ配信機材を豊富に扱っております。ストリーミング配信をお考えならフジヤエービックにお任せください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年12月1日  by fujiya_contents

関連する記事