【鳴らしてみた】AKG K1000を4pinXLRバランス出力ヘッドホンアンプに接続。

【鳴らしてみた】AKG K1000を4pinXLRバランス出力ヘッドホンアンプに接続。

【鳴らしてみた】AKG K1000を4pinXLRバランス出力ヘッドホンアンプに接続。

こんなものをお預かりしました。

【鳴らしてみた】AKG K1000を4pinXLRバランス出力ヘッドホンアンプに接続。

そうです、アレです。木箱を開けてみると、そこには・・・・・・

【鳴らしてみた】AKG K1000を4pinXLRバランス出力ヘッドホンアンプに接続。

キタ━━━━━━(゚(゚∀(゚∀゚(゚∀゚)゚∀゚)∀゚)゚)━━━━━━!!!!

【鳴らしてみた】AKG K1000を4pinXLRバランス出力ヘッドホンアンプに接続。

 

AKG K1000

【鳴らしてみた】AKG K1000を4pinXLRバランス出力ヘッドホンアンプに接続。

 

1990年頃発売されたAKGのトップモデル、10年くらい前に

在庫払底で生産完了となりました。インピーダンス120Ω

能率は1mWで74dB、重量はケーブル込みで370g。

周波数特性は公称30-25,000Hzですが、ごらんの通り。【鳴らしてみた】AKG K1000を4pinXLRバランス出力ヘッドホンアンプに接続。

 

本来は専用のK1000 Amplifierで鳴らすか、スピーカー端子に

直接接続して(!)鳴らすほどの低能率モデル。ですがその音質は

トップモデルにふさわしい、独特の魅力ある美音を奏でてくれます。

【鳴らしてみた】AKG K1000を4pinXLRバランス出力ヘッドホンアンプに接続。

このようにハウジング部が後方に向かって開き、まさに

イヤースピーカー状態でリスニングします。コネクタは

4pinXLRのバランス端子で、当時は適合するアンプが

ほとんどなく、単体ではほぼ音を聴けない状態でした。

【鳴らしてみた】AKG K1000を4pinXLRバランス出力ヘッドホンアンプに接続。

 

ところで、4pinXLRバランス端子といえば。。。

最近の据置型ヘッドホンアンプには、いくつかありますねぇ。

早速、接続して聴いてみようじゃないか!  ということで、

 

まずはOPPO HA-1に接続、ボリュームを上げてみる。

【鳴らしてみた】AKG K1000を4pinXLRバランス出力ヘッドホンアンプに接続。

オトキタ━━━━━━(゚(゚∀(゚∀゚(゚∀゚)゚∀゚)∀゚)゚)━━━━━━!!!!

【鳴らしてみた】AKG K1000を4pinXLRバランス出力ヘッドホンアンプに接続。

ボリュームは3時程度まで上げることになりますが、出てきた音は

まぎれもなくK1000の音!初めてK1000を聴いたスタッフ興奮♪

 

さらにPIONEER U-05でもやってみました、これもOK!

【鳴らしてみた】AKG K1000を4pinXLRバランス出力ヘッドホンアンプに接続。

両方のアンプの音の差もしっかりと出ますね。さすがです。

 

さらにSENNHEISER HDVD-800 / HDVA-600

【鳴らしてみた】AKG K1000を4pinXLRバランス出力ヘッドホンアンプに接続。

 

B.M.C Audio PureDAC でも見事鳴りました(当然か)

【鳴らしてみた】AKG K1000を4pinXLRバランス出力ヘッドホンアンプに接続。

 

という事でしっかり音のチェックも出来ますので、フジヤエービックで

AKG K1000 高額買取中です!

(残念ながらK1000は店頭にございませんので、ご容赦を!)

【鳴らしてみた】AKG K1000を4pinXLRバランス出力ヘッドホンアンプに接続。

関連する記事