#hpfes 秋のヘッドフォン祭2015レポート(2)

#hpfes 秋のヘッドフォン祭2015レポート(2)

#hpfes 秋のヘッドフォン祭2015レポート(2)

それにしても今回ほど「聴きたいモノが多すぎて困る!」という
ご意見をいただいたことがなかった秋のヘッドフォン祭ですが、
こうして振り返ってみても実にバラエティ豊富なことがわかります。
前回くらいまでは圧倒的にポータブル系製品が多かったのですが、
今回は大型ヘッドホンやヘッドホンアンプなど、いわゆる据置系で
新しい(もしくは以前からのものを改良した)技術を採用した製品が
多く出品されていたのが特徴かと思います。
ではアフターレポート2日目、本日は据置系を中心にお届けします!

☆ゼンハイザー
ドイツが誇る老舗・ゼンハイザーからはハイエンドヘッドホンの
定番機・HD800の上位機種となる「HD800S」がサプライズで参考出展!

#hpfes 秋のヘッドフォン祭2015レポート(2)
会場ではHD800とHD800Sが比較試聴できるようになっており、
常に順番待ちの方が絶えない人気を集めていました。
従来のHD800も充分にクリアな音なのですが、HD800Sではさらに音が
明瞭になり、低音の質もより向上。
なんでも特に高域の改善を狙ったブラッシュアップを施したとか…。
また、DSDのネイティヴ再生に対応したヘッドホンアンプ「HDVD800」も
同時に参考出展されていました。
いずれもまだ発売時期は未定とのことですが、詳細がわかり次第
速報いたしますよ!

☆オーディオテクニカ
日本の老舗も負けちゃいません、オーディオテクニカからは来月発売の
ATH-A2000Z」「ATH-A1000Z」「ATH-ESW950」などが勢ぞろい。

#hpfes 秋のヘッドフォン祭2015レポート(2)
ATH-A2000Z/A1000Zは、いずれも新開発の53mmドライバーを搭載。
特にATH-A2000Zはオーテク製ハイエンドヘッドホンの証ともいえる、
パーメンジュール磁気回路を採用しています。
新ドライバーは性能が確実に向上しており、これまでのアートモニター
シリーズの音の繊細さはそのままに、音の力強さ・広がりもより豊かに
なっていました。
また、シカモア材を採用したATH-ESW950にはウッド系愛好家の方々が
熱い視線を送っていたのも印象的でした。

#hpfes 秋のヘッドフォン祭2015レポート(2)
ウッドハウジングはついじっくり眺めちゃいますね。

☆MrSpeakers
エミライブースではMrSpeakersの平面駆動ヘッドホン「ETHER(開放型)」
ETHER C(密閉型)」の2機種を展示。

#hpfes 秋のヘッドフォン祭2015レポート(2)
ドライバの追従性に着目し、音質を大幅に改善したという注目のヘッドホンです。
本国の開発者が持ち込んできてくれた、現時点では残念ながら国内販売の予定が
ないヘッドホンアンプ(こういったレアものが聴けるのもヘッドホン祭ならでは)で
試聴してみましたが、駆動形式の違いや細かいことは聴いているうちに
忘れ去ってしまうような、高級機種らしい唯一無二のサウンドでした。
特に音場の広さはメーカー名である”スピーカー”を思わせる広大さ。
両機種とももちろんご予約受付中、そして近いうちにまた試聴いただける
機会もなんとか…?!

☆King Sound
トップウイングルームではKing Soundのヘッドホン3機種(KS-H2,KS-H3,KS-H4)、
ヘッドホンアンプ3機種(M-03,M-10,M-20)の合計6機種を一気にラインナップ
するという気合の入りよう!
コンデンサー型ヘッドホンの新しい選択肢として注目を集めていました。

#hpfes 秋のヘッドフォン祭2015レポート(2)
最もハイエンドな組み合わせとなる「KS-H4」「M-20」で試聴してみたところ、
M-20が真空管駆動ということもあり、コンデンサー型らしい自然なサウンドが
満喫できました。
こちらの各製品については近日中にご予約開始予定です。
しかもどうやらあの某メーカー製品がそのまま使えちゃうという噂も…?

☆ENIGMAcoustics
前回のヘッドフォン祭あたりで見覚えのある方もいらっしゃるのでは?
これまでは参考出展となっていた電源不要の静電型ヘッドホン「DHARMA D1000」、
真空管に照らされたガラス筐体が一際目立つヘッドホンアンプ「Athena A1」が
ついに製品版としてヘッドフォン祭に再登場!

#hpfes 秋のヘッドフォン祭2015レポート(2)
このセットで聴いてみると、D1000の静電型らしいナチュラルなサウンドと
A1が持つ真空管の心地よいドライブ力が組み合わさって、非常に臨場感のある
サウンドが堪能できました。
D1000A1とも現在ご予約受付中ですので、あの音が忘れられない方はぜひ!

という感じで2日にわたってお届けしました「秋のヘッドフォン祭2015」
レポートですが、いかがでしたか?
当然ながら今回ご紹介した製品は当日会場で聴けたもののほんの一部、
当日会場にいらした方も、残念ながら来られなかったという方もぜひぜひ
来年開催される「春のヘッドフォン祭2016」にご期待下さい!
(次回は今までとまたちょっと違うみたいですよ…)

#hpfes 秋のヘッドフォン祭2015レポート(2)

関連する記事