【スクープ】いずれはポタアンに!?コルグの新デバイス”Nutube”を見て聴いてきた!

【スクープ】いずれはポタアンに!?コルグの新デバイス”Nutube”を見て聴いてきた!

【スクープ】いずれはポタアンに!?コルグの新デバイス”Nutube”を見て聴いてきた!

今日13日から明後日15日まで東京ビッグサイトで開催されている

「電子部品・材料EXPO」

に、こんなデバイスが展示されるとコルグさんのツイートがあり

【スクープ】いずれはポタアンに!?コルグの新デバイス”Nutube”を見て聴いてきた!

「ヘッドホンアンプのデモやります」というお話を耳にしましたので、

早速先ほどお伺いしてきました、そのレポートをお送りします!

コルグさんのいる「ノリタケ伊勢電子」さんのブースはビッグサイト

東館、東5ホールのE47-28ブース。出ていました、こちらが

【スクープ】いずれはポタアンに!?コルグの新デバイス”Nutube”を見て聴いてきた!

 

KORG Nutube

【スクープ】いずれはポタアンに!?コルグの新デバイス”Nutube”を見て聴いてきた!

昨年のNAMMショーで発表された「真空管と同じ原理で、同じ動作をする

シリコンデバイス」が、このニューチューブ。発表時の詳しい記事はこちら

真空管と同じ動作をするデバイスでありながら、消費電力は極小(後述)で

低発熱のため高密度基盤への実装も容易、しかも小型化し長寿命を実現。

「ざっくりと言っちゃえば、白熱灯に対するLEDみたいなもんですよね?」と

ざっくりすぎる無茶振りな質問には担当の方、苦笑いしてました。

【スクープ】いずれはポタアンに!?コルグの新デバイス”Nutube”を見て聴いてきた!

で、早速眼前にヘッドホンをつないだアクリルケースが現れました!おっと、

DS-DAC-10Rもデモされていますね。ということはPCにはDSD音源が?

【スクープ】いずれはポタアンに!?コルグの新デバイス”Nutube”を見て聴いてきた!

アクリルケースにはヘッドホンジャックが、右上には”NUTUBE”の文字が。

そうです、これが試作ヘッドホンアンプで、PCのDSD音源で試聴できます。

早速聴いてみました。音源はアナログレコードからDS-DAC-10Rで録音した

もので、当然ですがパチパチとヒスノイズが入ります。音はいいですけど。

【スクープ】いずれはポタアンに!?コルグの新デバイス”Nutube”を見て聴いてきた!

右横の「MODE」スイッチでNutube素子のオン/オフが出来るようになって

いるため、簡単にNutube素子の効果の比較試聴が出来ます。オンになると

【スクープ】いずれはポタアンに!?コルグの新デバイス”Nutube”を見て聴いてきた!

ごらんのように一部が発光します。元々がVFD(蛍光表示管)と真空管の

原理が似ている(のも当然で、VFDは蛍光ランプから発想されたもの)

ことから、コルグさんがVFDを作っているノリタケ伊勢電子さんに対して

アプローチしてできたデバイスなのです。担当者さんにお話を聞くと

「具体的には三極管、300Bの特性を出すようチューニングしてます」

とのこと。さすが分かってらっしゃる!オンした音を聴いてみると、

【スクープ】いずれはポタアンに!?コルグの新デバイス”Nutube”を見て聴いてきた!

まず分かるのはアナログレコードのヒスノイズがとげとげしくなく、優しく

聴こえること。昨今ヘッドホンアンプにも真空管を使用した製品は多くて、

その理由の多くが「真空管ならではの温かみと芯のあるサウンド」を

出したいためのようですが、まさにその音。ヴォーカルなどははっきりと

厚みが増し、ヘッドホン(MDR-CD900ST)でもより前に出てくるような

感じに大きく変化します。これは良いですね!そしてこのデバイス、

「5Vなら楽勝で駆動できます」とのことで、内部で昇圧等をしなくても

この音が実現でき、しかも製品寿命も長く発熱も少ないため高密度な

実装ができるので、USB駆動やポータブルアンプでも楽に使えます。

もう一つの用途は、これはコルグさんならでは、楽器関係製品への

応用が当然考えられます、というよりこっちのために作ったはず?で

アンプの横にはコルグさんの扱っているギターが置いてありますが

【スクープ】いずれはポタアンに!?コルグの新デバイス”Nutube”を見て聴いてきた!

このギターでもNutubeのディストーション効果を聴いて頂けます!

【スクープ】いずれはポタアンに!?コルグの新デバイス”Nutube”を見て聴いてきた!

このNutubeの量産開始は今夏あたりからになるとのことで、もちろん

フジヤエービックとしてはこの素子を使ったヘッドホンアンプ、特に

ポタアンをぜひ作って下さい!楽器用エフェクターも待ってますけど!

とお願いしておきました。今後注目の、このデバイスです!

 

【スクープ】いずれはポタアンに!?コルグの新デバイス”Nutube”を見て聴いてきた!

関連する記事