このエントリーをはてなブックマークに追加

【速報】ハイレゾ音源配信のグルーヴァーズが新ブランド発表、第一弾は低価格帯ハイレゾDAP発売予定!

CT10_004

ハイレゾ音楽配信サイトとして弊社イベントでもいろいろとご協力頂いている
groovers Japan
groovers_logo

グルーヴァーズジャパン様が、なんとハイレゾオーディオプレーヤーの製造販売に乗り出します!

もちろんハイレゾ音源普及を目指してこの度立ち上げる新しいブランドは、

「ACTIVO(アクティヴォ)」

ACTIVO_logo

ACTIVO というブランド名は、アクションを意味するラテン語「ACTIO」と、活気や生命力を意味する「Vital」を組み合わせての命名とのこと。ACTIVOブランド第一弾の製品として選ばれたのが、当然と言えば当然?のAstell&Kern の技術力を凝縮した形で投入するハイレゾポータブルオーディオプレーヤー。その製品がコチラ

ACTIVO CT10
CT10_005

近日中の国内発売を予定、発売日、価格は現時点では未定とのことですが、かなり普及価格帯に投入するようなので、これは楽しみですね!
CT10_001

CPUにはQuad-Coreタイプを採用。クロックジェネレーター、ヘッドホンアンプ、Hi-End DAC
などを一体型のモジュールにした、Astell&Kern製「TERATON」モジュールを採用しています。DACチップはシーラス・ロジック CS4398が使われています。 対応もサンプリングレート 24bit192kHzまでのPCMにDSD64DSD128 (DSD to PCM )と、普段使うポピュラーな音源フォーマットはカバーしています。

TERATON

 

手のひらに収まりが良く、フィット感の高いラウンドエッジデザイン。滑らかでシームレスなエ
ッジを描く 2.5D ガラスのディスプレイ、そして、美しい光沢を放つ Color Material Finish により
スムーズな操作感をもたらします。出力は後述のUSBの他は3.5mmステレオミニジャックのみ。あえてバランス端子を付けないことで、シンプル&ベーシックを狙い回路の簡素化、小型化、低価格化にも貢献しています。

 

CT10_004

 

内蔵メモリーは16GBとして低価格化を実現、256GBまで対応のmicroSDXCスロット1基を内蔵。Wi-Fi & Bluetooth(Ver4.1,A2DP, AVRCP)  機能、5 種類(Classic, Jazz, POP, Club, Rock)のプリセットイコライザー機能、USB AUDIO 出力対応(DSD ファイルも DoP 伝送で対応) & USB DAC としても使用可能、などAstell&Kernのプレーヤーのノウハウを惜しみなくフィードバックしています。
CT10_006 img-usbaudio img-usbdac

ユーザーインターフェースは、そのAstell&Kernでのノウハウをもとに設計されたフレンドリーな独自のもの。もちろんgrooversのハイレゾ音源がPCレスでダウンロード購入できる他、TIDALにも対応しています(日本向け未展開)。
Activo000 ACTIVO_CT10_14s B.-LR-Balance ACTIVO_CT10_13s B.-Albums_1depth

こうやって見てみると、基本的な部分は押さえながら、上手く省くところを省いていることがよく分かります。かなりの低価格化が期待できそうですね!
CT10_002 CT10_003

新しいアプローチで生まれるハイレゾ対応DAP、詳細の公開を楽しみに待ちましょう!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事