このエントリーをはてなブックマークに追加

【聴いてみた】ワグナス新フラッグシップケーブル “OmniSheep” 誕生!4/28、春のヘッドフォン祭2018デビュー。

OmniSheep00

プロ用音響機材も扱うフジヤエービック、宮地商会さん扱いの“Toneflake WAGNUS”の評判を知っていたので実現した、WAGNUS.さんのコンスマー用ポータブルオーディオケーブルへの進出のお手伝い。WAGNUS.ファーストモデル、BabySheep_mini-mini

WAGNUS.ファーストモデル、BabySheep_mini-mini. 2011年12月フジヤエービックで販売開始

2011年12月に発売された初のポタオデ用モデルは、当然ですがフジヤエービックでのみ販売を開始。その音の良さはフジヤエービック店頭やヘッドフォン祭、ポタ研などでの試聴でたちまち有名になり、ポタオデファンでWAGNUS.の名前を知らない人はいないほどの人気ブランドに駆け上がりました。
WAGNUS_logo

以来、WAGNUS.のハイグレードモデルの多くは”Sheep”の入ったネーミングがなされており、現在は “FrostySheep”シリーズが数々のバリエーションを増やしながらその座についていましたが、ついにWAGNUS.自体が「新しい『過激な』フラッグシップになる(WAGNUS brand new “radical” flagship recable)」と宣言したモデルが、春のヘッドフォン祭2018に姿を現します。その名は、

WAGNUS. OmniSheep (オムニシープ)
OmniSheep00

 

“OmniSheep” 仕様:

WAGNUS. made magnificent top quality pure SP class A OFC + 40 * 8 core Litz wire

(specific techniques twisted 8 core, total 320 strand )

The world highest-performance pure double silk insulator

Superior solder and soldering

Clear PE tubing and silver mesh material

Cable color:Silky White

Plug: pure copper plug

ケーブル長さ : 約120cm

1ライン40芯×2本、計8本(総勢320本)LITZ構造の第1種OFC純銀メッキ胴体を周波数バランスの胆になる特殊ツイストの掛け処理と編み込み巻き方向にも拘って製作。シルク二重巻きによる線材の柔らかさからSHURE掛けとしてもお使い頂けます(針金なし、一定のクセ付け可能)

世界に類を見ない究極のマスタリングスタジオサウンドケーブル仕様

ハイレゾ音源再生を意識し最高品質の素材を電気電送の知見から製作

圧倒的に追い込んだアセンブリ技術と超高品質ハンダによって製作

超高音質を実現すべく心を籠めてオールハンドメイドにて製作させて頂いております

各種イヤホンプラグ対応予定

フジヤエービックでは、発売前のOmniSheepをWAGNUS.様から一時お借りして比較試聴してみました!! 今回は、いわゆるカスタム2Pinタイプ-2.5mm4極バランスプラグ仕様です。
DAP: Astell&Kern AK70mkII
IEM: Noble Audio KATANA C 
OmniSheep 仕様:Custom2pin-トープラ販売製無メッキ銅プラグ 2.5mm4極
OmniSheep01

一聴して感じたのは、今までのリケーブルでは感じた事のない圧倒的な情報量
更に聴き込み、今までのリケーブルとの違いとして特に挙げられると思うのは、圧倒的なまでの空間表現があるためだと思います。今までのリケーブルでも空間表現に優れ、定位感が良いと思う商品はありましたが、OmniSheepはより三次元的な音響効果を感じられるようなケーブルだと思われます。左:FrostySheep/右:OmniSheep

左:FrostySheep (extreme Edition)/右:OmniSheep

FrostySheepのExtreme editionと比較試聴してみましたが、今までFrostySheepでも十二分に立体的な音場表現を感じていましたが、OmniSheepを聴くと頭の後ろの方まで広大な音場を感じることが出来ました。
低域、中域、高域のバランスに関しては、芯数が360芯という圧倒的構造からくる力強くリアリティのある低域、低域が強いと通常のケーブルだと高域にマスクが出る物が多いですが、構造を工夫することで可能な限り電気抵抗を減らしロスの無い伝送を達成したことで中域や高域のディティールの再現力もかつてないまでのレベルになっており、市場にあるリケーブルの中で到達点の一つであると言えるレベルの商品だと感じました。
これは、とにかく凄いサウンドです。今まで使っていた2Pinリケーブルたちを過去のものにしてしまうのではないか?と思うほどです。金額面やケーブルの太さ・硬さなどから万人にお勧め出来る商品ではありませんが、2pinタイプコネクタのカスタムIEMユーザーの方など、良い音をとことん追い込んで追求する方には是非!一度ご試聴頂きたいケーブルです。

OmniSheepは2018年4月28日(土)、春のヘッドフォン祭2018初日より発売開始。もちろんヘッドフォン祭会場の中野サンプラザで、14FロビーのWAGNUS.ブースで試聴して頂けます。
気になるお値段ですが、プラグの選択等により変動しますが20万円未満での提供となる模様。

ぜひご愛用のイヤホンでその実力をご確認下さい!

11F_WAGNUS

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事