このエントリーをはてなブックマークに追加

「優しい、けどレベル高くて、しかも安いハイレゾプレーヤー」”ACTIVO CT10″ 4/27発売!

CT10_02

昨年来より情報の出ていた(ポタ研にも参考出品)、低価格ハイレゾDAPが遂に発売開始!

ACTIVO CT10

CT10_02

ハイレゾ専門音楽配信サイト「groovers japan」が、ハイレゾオーディプレーヤーではトップクラスの実力を持つAstell&Kernの技術を使って立ち上げた新ブランド「ACTIVO」の
ACTIVO_logo

第一弾製品となる『CT10』は、ミュージックラヴァーへ、ハイレゾ音源を気軽に楽しめる環境を提供したいというブランドコンセプトを形にした、新しいスタイルのポータブルオーディオプレーヤーです。

CT10の特徴は、大きく分けて次の3つにまとめられます。

1.誰でもハイレゾ音楽を楽しく聴くためのプレーヤー

厚めのスマートフォン、またはiPodの進化版?とでも思えそうな優しいラウンドエッジデザインによるシンプルなフォルム。操作ボタン類も大きく取られて扱いやすく、違和感なく手のひらにぴったりとフィット。またバッグ等に入れても邪魔にならない、軽量コンパクトなボディです。大型タッチパネル画面に、わかりやすいユーザーインターフェースを搭載。スマホ感覚で音楽を操れます。
CT10_00CT10_Interface

 

2.誰でも手が届く価格帯で、見た目も良いハイレゾプレーヤー

ハイレゾオーディオプレーヤーといえば、上は30万円、40万円の世界。しかしそれは一部のマニアのものでしかありません。お求めやすい、これなら買えそうだというプライスゾーンに抑えた価格設定です。しかも安っぽさのないデザインは、様々なシーンでも個性を放ちます。
CT10_06

 

3.安くても性能に妥協ない、ちゃんと音楽を楽しめるプレーヤー

滑らかな使用感を実現するために高性能な「Quad-Core CPU」を搭載。音質に関しては、Astell&Kern の技術を凝縮した一体型モジュール「TERATON」を主要回路として組み込むことで、音に関する一切の妥協を排除。もちろんハイクオリティなハイレゾファイル「DSD」や主流の「WAV」「FLAC」過去のファイルも再生可能な「MP3」にも対応。ワイヤレス技術にも、ハイレゾ級の音声伝送を実現する規格「aptX HD」に対応しており、 Bluetoothイヤホンとのぺアリングもばっちり。
aptX-HD TERATONCT10_02

<まとめ・フジヤエービックがCT10をお勧めする理由>

リーズナブルな価格帯でありながらハイエンドモデルに迫るポテンシャル。ハイレゾ新世代に向けたミュージックラヴァーのためのポータブルオーディオプレーヤー、それが
ACTIVO CT10です。

CT10_04

4. そして、CT10ご購入者にとって一番うれしいのは、この点?

CT10はハイレゾ音源ダウンロードのgroovers japan様が販売するのですが、CT10ご購入者につきましてもAstell&Kernハイレゾプレーヤー購入者と同じ特典が使えます。それが

grooversでのダウンロード購入が全作品20%割引

これは大きなメリットですね!ちょっとハイレゾ音源を購入すればモトが取れてしまいそうです。
groovers_top

さて、CT10の発売開始は2018年4月27日(金)。翌28日より2日間に渡り中野サンプラザで開催される「春のヘッドフォン祭2018」(中野サンプラザ、入場無料)では、ソニー、デノン、パナソニック、ティアックなど日本を代表するオーディオメーカーの集結する「中野サンプラザ 13F コスモルーム」のACTIVOブースにてCT10を大量展示、だれでも無料でCT10の試聴が可能です。
ACTIVO_booth

しかもACTIVOブースでCT10を無料試聴すると、先着100名様に「好きなハイレゾ音源1曲無料ダウンロードクーポン」をプレゼント。(詳しくはこちら

フジヤエービックでは、本日よりCT10のご予約受付を開始致します。

groovers japan ACTIVO CT10 Cool White フジヤ価格36,380円
CT10_01

 

 

 

 

 

groovers japan ACTIVO CT10 Cool White

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事