このエントリーをはてなブックマークに追加

フジヤエービック、 “SOtM”新型ハイレゾネットワークトランスポート予約受付開始。”roon”1年間無料に!

sMS-200-neo_004

ご存知の通り、ポタオデだけではなくピュアオーディオやネットワークオーディオなども幅広く扱うフジヤエービック。こちらの機種も、2016年の発売開始当初から販売しています

SOtM sMS-200
sMS-200

SOtM(ソム)は韓国のオーディオメーカーで、かなり早い時期からハイレゾ対応のUSBデジタル機材を数多く投入してきました。2010年発売の “dX-USB HD”なども当時としてはスペック高い24bit192kHzのPCMに対応したDDコンバータとして人気がありました。
SOtM_logo dX-USB_HD

そのSOtMが、今回sMS-200シリーズをアップグレードした新製品”neo”シリーズを発表しました。
内部パーツを見直すことで音質をブラッシュアップ、従来モデルと比較してミッドレンジの厚み、低音の表現力が向上しているとのことです。対応フォーマットも従来のDSD11.2MHz/PCM32bit384kHzからDSD22.4MHz/PCM32bit768kHzにグレードアップ。また、高音質ストリーミングサービスのDeezer HiFiや最近MQAデコードにも対応した統合音楽ソフトウェア “roon”、最も普及しているSpotifyなどにも対応しており、あらゆる面で進化を遂げました。先代モデルとは、全面右上に”NEO”の文字が入ることで判別がつくようになっています。

SOtM sMS-200 neo
sMS-200-neo_004sMS-200-neo_003

また、今回より上級機 “sMS-200 Ultra”シリーズneoバージョンの取扱も開始します。
基本スペックはsMS-200 neoと同じ、専用メディアプレーヤーボードと
高性能オーディオクロックを内蔵したハイクラスネットワークトランスポートです。
64GBの内部メモリを搭載、外部ストレージなしでも使えます。このモデルには外部クロック入力端子を備えるオプションモデルもございます。こちらも旧モデルの判別方法は全面右上の “NEO”の文字です。

SOtM sMS-200 ultra neo
sMS-200-ultra-neo_001sMS-200-neo_005

いずれのモデルも2018年8月1日発売。フジヤエービックではご予約受付を開始致しました。7月31日までに予約注文を頂いた場合、もれなく
【roon 1年間ライセンス】をプレゼントいたします ! roon
roon_logoroon_cap

SOtM sMS-200 neo フジヤ価格81,000円
sMS-200-neo_001

SOtM sMS-200 ultra neo (外部クロック入力なし)
フジヤ価格199,800円
SOtM sMS-200 ultra neo (外部クロック入力付)
フジヤ価格232,200円
sMS-200-ultra-neo_001

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事