このエントリーをはてなブックマークに追加

【隠し玉】CHORD Hugo TT2発表、今秋発売。内覧会では国内初披露品のサプライズも!【要チェック】

DSC08859

5月の独ハイエンドショーで概要が公開されていた英コードエレクトロニクス社の新型DACが国内正式発表に!試聴もしましたので簡単なレビューをお届けします。

CHORD Electronics Hugo TT 2
HugoTT2_03

発売予定は2018年秋、予価70 万円前後。現行Hugo TTよりもお値段は高くなりバッテリーは非搭載となりましたが、その分DAC性能は間違いなく上がりました!
HugoTT2_01

Hugo TT2の特徴:
・進化した DAC アルゴリズムにより、フィルタータップ長は 98,304 を達成
(現行Hugo TTの2倍)
・片チャンネルあたり 10 エレメントのパルスアレイ DAC
・30 ファラッド ×6 個のスーパーキャパシターによる電源部
・アンバランス時に 288mW RMS(300Ω) 、7.3W RMS(8Ω) の高出力
・DAC モード、PRE モードを切り替え可能
・デスクトップやオーディオラックでも使いやすいボリュームボール配置
・ローゲイン / ハイゲインが切り替え可能なヘッドフォン端子
・M-Scaler アップサンプラーと接続可能なデュアル BNC 入力を装備
・豊富な入出力端子(下記仕様参照)
・アルミニウム削り出しによる高剛性シャーシ

Hugo TT2の仕様:
入力/USB B×1 系統:PCM768kHz/32bit , DSD512/1bit
TOS 光 ×2 系統: PCM96kHz/24bit
BNC 同軸 ×2 系統:PCM192kHz/24bit(シングル時),PCM768kHz/24bit(デュアル時)
A2DP Apt-X Bluetooth (Class2)×1 系統:PCM48kHz/16bit
出力/XLR バランス・ステレオ出力 ×1 系統
RCA アンバランス・ステレオ出力 ×1 系統
6.3mm ステレオヘッドフォン出力 ×2 系統
3.5mm ステレオミニヘッドフォン出力 ×1 系統
デュアル BNC DX アウトプット ×1 系統(将来的なアップデートにより対応)
ダイナミックレンジ : 127dB
出力レベル ( アンバランス ): (@1% THD) 288 mW RMS 300Ω; 7.3 W RMS 8Ω
出力レベル ( バランス ): (@1% THD) 1.15 W RMS 300Ω; 18W RMS 8Ω
サイズ:235W×46H×223Dmm(突起部含まず)
電源:15V 外部AC電源アダプター付属
HugoTT2_02

また、DAVEなどとペアを組む「CHORUS」シリーズのパワーアンプ、“CHORD Electronics Etude”の今秋発売も発表されました。こちらも予価は70万円。 Etude_01Etude_02

先日某所で開催されたメディア/有力オーディオ販売店向け製品内覧会(フジヤエービックもご招待頂きました)では、まずこの2モデルがお披露目に。

タイムロード平野至洋社長による紹介、ヘッドフォン祭でもおなじみのCHORD Electronics社ジョン・フランクス氏やロバート・ワッツ氏による新製品プレゼンを実施、音出しデモ演奏も聴かせてくれました。
DSC08836

CHORD CHORALレンジシリーズ(Blu MK2 / DAVE / ETUDE)トータルでの音は、TADのスピーカーでさえ完全に鳴らしきる実力を持っています。緻密かつスピーディーで、ある意味ゾクッとするような、全帯域に渡って切れ味の良いサウンドです。Etudeのパワーアンプとしてのレベルは、相当高いポジションにあります。 DSC08843 DSC08842

ところがここでDACのみをDAVEからHugo TT2に換えても、価格では2倍以上のDAVEに引けを取らない音。ほんの少しだけ、大人しくなったかな・・・?というレベルの音です。これは素晴らしい!
DSC08844

そして、ここで予定されていなかったサプライズ発表が。Hugo 2 TTと同じサイズのパワーアンプ、CHORD TTOBYと、
DSC08864

アップサンプリング用DDコンバータ CHORD Hugo M ScalerDSC08855

特にこのM Scalerについてはアップサンプリング機能を内蔵したいわゆる「DDコンバータ」となっていて、シングルまたはCHORD社製品ではおなじみのデュアルBNC端子で出力。 シアターユースでの用途も考慮されており、低遅延の「ビデオモード」の選択が可能。DSC08861

 

将来のアップデートでボリューム機能、つまりデジタルプリアンプとしても使用できることになるそうです。上記のシアターユースだけでなく、いろいろな使い道が考えられそうで面白いモデルの登場です!こちらも秋ごろには発売したい意向とのこと、価格は現時点では未決定です。秋のヘッドフォン祭2018(2018年10月27日、28日に中野サンプラザで開催)あたりには全部そろって聴けそうかな?楽しみに待ちましょう。
DSC08877

3つ重ねて、ミニマムかつ相当高いレベルの音質を叩き出すミニコンポ?になります。

 

DSC08878

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事