このエントリーをはてなブックマークに追加

【9/15試聴会開催】デノン新フラッグシップヘッドホン”DENON AH-D9200″ハイエンドAVアンプ”AVR-X8500H”はこうして作られる!【メイドイン白河】

DSC09051s

先々週公開したブログ記事、お読みになりました?アクセス数も順調に伸びている
「【行ってきた】D&M 白河ワークス見学!デノンの「音」を生み出す東北の地には何がある?」
DSC08959s1-540x360

その中で、「こちらの模様は、近日公開予定!お楽しみに!」と、お知らせしたココ
DSC09018s-540x360

本日情報解禁の新製品、デノンヘッドホンの新フラッグシップと一緒にお伝えします!

DENON AH-D9200 フジヤ価格161,838円
AH-D9200_1

9月下旬発売予定、ご予約受付中!ハイクラスヘッドホンには欠かせない「試聴」は、2018年9月15日(土)午後に中野ブロードウェイ3Fのフジヤエービック店舗で開催する

DENON AH-D9200 発売前先行無料試聴会

d9200_0915_618-618x179

へ、ぜひお越し頂きAH-D9200の音を体験してください!イベント詳細はこちら


 

デノン白河ワークス DENON AH-D9200 組立ラインをご紹介!

DENON白河ワークス内に、最近ヘッドホンの製造ラインが新たに設けられました。デノンのAVアンプ、ハイクラスオーディオ機器は、ここ白河ワークスで製造されていますが、現在はハイクラスヘッドホンも同様に「Made in SHIRAKAWA」になっています。
DSC08976s

 

それでは、工場内へ。
DSC08994s
DSC08980s

工場区画の入り口近くには、”EISA AWARD”で賞を取ったAH-D7200のパネルも。
DSC08978s

工場内の天井から吊ってある “Headphones Cell Line”の看板の真下が、
DSC09018s-540x360

AH-D9200などを製造する組み立てライン・・・といっても、本当にひと区画のスペースの中でヘッドホンは作られています。この日は、発売の近づいたAH-D9200のみが組み立てられています。パッケージングまで全部ここで一貫しての作業。
DSC09021s

DL-103と同様に、AH-D9200を組み立てているのも女性スタッフ。現在、この方おひとり(!!)で組み立てを全て行っています。
DSC09022s

精密、かつ美しいアッセンブリーとなると、やはり女性の独壇場なんですね。用意されている各パーツを標準手順書のフローに従い、組み立てていきます。これはヘッドバンド&ヘッドホンユニットのステー部分のパーツ。
DSC09031sDSC09028sDSC09030sDSC09024s

次はドライバーユニット部分の組み立てに入っていきます。
DSC09032s
DSC09036s DSC09034s

AH-D9200の重要なパーツ、土佐産の孟宗竹を積層化して削り出すという

「孟宗竹積層削り出しハウジング」

部は、竹加工を専門とするメーカーから送られてきます。
DSC09226DSC09285

 

この竹製ハウジングの表・裏は、こんな感じ。
DSC09037s DSC09038s

先ほどのヘッドバンド及びユニットステー部をセットし、
DSC09045s

届いたパーツを、取付・組立していきます。
DSC09046s DSC09047s

そのスピードの速いことといったら!!あっという間に両チャンネル分のドライバーユニット部が取り付けられていきます。DSC09048sDSC09051s

ヘッドホンのイヤパッド、とくに厚みのあるパッドの交換をした経験のある方はお分かりだと思いますが、あれ本当に難しい。彼女に聞いてみたところ「取付角度が所定からずれないか、についてはとても気を付けています」とのお話でしたが、イヤパッドも特別な冶具もなくスイスイ取り付けられていきます。
DSC09050s

まずは、パッドの位置決めを確認してから・・・

DSC09052s

本当に、ごく簡単に取り付けているように見えます。しかも傷一つなく、パッドもしっかりと嵌っている状態で。この技術、レクチャーしてもらいたいくらいです!
DSC09054s DSC09055s DSC09056s DSC09057s DSC09058s

なおAH-D9200のすべては、こちらのDENON公式動画でご理解頂けると思います!もちろん、この動画の中でのAH-D9200の組立も、今回と同じ女性の方が行っていますよ。

今回、工場内見学をアテンドして頂いた工場長さんと、他のスタッフの皆さん。
皆さん、日本のものづくりの「匠」でもあるサムライたち。誇りを持ちつつ、お客様のために良い音の品をきちんと作ってお届けするという使命の下、日々お仕事をされています。まさにデノンの「コア・コンピタンス」(競合他社に真似できない、核となる能力)ここに在り!という事を実感できました。

デノン白河ファクトリーの皆様、ありがとうございました!
DSC09019s
DSC09224

工場なので情報公開NG!な「秘密」もあります、そこはカットしてお届けします。
主にデノンのフラッグシップAVアンプ、DENON AVR-X8500Hの組み立てライン。各基盤がX線、通電、漏電などの厳正なチェックを行いつつ、組み立てられて完成品となっていきます。
DSC08992s DSC08985s DSC09061sDSC08996s DSC08997s DSC08998s DSC09013s DSC09014s

いやぁ、これも見ているとAVR-X8500H、欲しくなっちゃいますね!この複雑な内部構造、ロボットの正確性と人間の感性が一緒になってこそ生まれてくる品だと感じました。

DSC09005s

こちらは、9月5日に開催されたメディア/有力販売店向け新製品発表展示会の様子。
DSC09227

このヘッドホンも、彼女の手によって組み立てられているはず・・・
DSC09223 DSC09282

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事