このエントリーをはてなブックマークに追加

【復活】フジヤエービック、Skullcandyヘッドホンの取扱を再開へ。まずはこの限定品!

Crusher360_001

実は弊社にスノボなど大好きなスタッフがいたこともあり、2010年に取引を開始し、春のヘッドフォン祭2010以降長い間ヘッドフォン祭などにも出展して頂いていたブランドが、
Skullcandy_history

Skullcandy (スカルキャンディ)
Skullcandy_logo

その後代理店や先方の組織の変更、実はまじめな音作り(このブログ記事にも書いてあります)だったのが・・・等々の理由で一時フジヤエービックでの取扱を中止していました。しかし、そのスカルキャンディの製品にも昨年あたりから大きな変化がみられるようになりました。そこで今回、

スカルキャンディ、秋のヘッドフォン祭2018に(久々)出展決定。
hpfes2018a_dnn730Skullcandy_logo

 

以前聴いて印象が良くなかったり、タダのおしゃれ系ヘッドホンだと思っている、特にオーディオマニアの貴方!悪いことは言いません、秋のヘッドフォン祭2018で先入観を捨てて一度聴いてみて下さい。特にスカルキャンディがこの1,2年積極的に製品展開しているジャンルである、

ワイヤレスヘッドホン
Crusher360_004

は、オススメできる音質!例の「重低音で振動」というギミックをオフにしたときの基本的な音質、以前より相当な改善が施されてオーディオファイルでもにやりと納得しそうな音にグレードアップされているはず。

Crusher360_008

 

フジヤエービックでは、当面スカルキャンディ製品はトップモデルまたはそれに近いモデルを中心に取扱致します。

さて、本題。このタイミングでフジヤエービックがSkullcandy製品の取扱再開を決めた理由の一つがこちら、今回限定販売品として発売されるこのヘッドホンから取扱スタートします。

Skullcandy CRUSHER 360 (クラッシャー360)
Crusher360_001

CRUSHER Wirelessをベースにしたリミテッドモデル。

ヘッドバンド部から、この形状記憶タイプイヤークッションに至るまで、このモデルだけの特製品となっています。
Crusher360_011

もちろんCRUSHER Wireless同様、左右別々に重低音振動を派生させる機構「Stereo Haptic Bass」機能をも搭載。こちらもヘッドフォン側面で簡単にON/OFF可能です。

Crusher360_010

Crusher360_005

PCなどへ直接つなげる&充電用USBケーブルも付属。

Crusher360_009

もちろん折りたたみ可能で、コンパクトに収納できます。

Crusher_0

発売開始は2018年11月2日(金)。秋のヘッドフォン祭2018、スカルキャンディブースで発売前試聴が可能となります、これを機にぜひヘッドフォン祭会場の中野サンプラザまでお越し下さい。
秋のヘッドフォン祭開催概要についてはこちらをご覧ください。
Skullcandy CrushER 360 (S6MBW-J373)
フジヤ価格36.050円

Crusher360_002

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事