このエントリーをはてなブックマークに追加

FOSTEX TH909誕生、秋のヘッドフォン祭にも。ハイクラスヘッドフォンに開放型モデルが増えている理由とは?

TH909_image

初代TH900(2012/2発売)TH900mk2(2016/1発売)と長きに渡りフォステクスヘッドホンのフラッグシップかつリファレンスモデルとして、日本だけでなく海外でも高い人気を誇るTH900シリーズに、新たなモデルが。

FOSTEX TH909
TH909_003

TH909はTH900mk2をベースに、開放型としたモデル。

ハイクラスヘッドホンは昨今ホームリスニング用途で使われることが多くなり(これはヘッドホン、ヘッドホンアンプなどの進化によりスピーカーシステムユーザーにも音の良いヘッドホンが徐々に認められ、TPOでヘッドホンリスニングを使い分けるユーザーが増えてきたため)音漏れを多少許容してでも最高の音質を目指すために開放型ヘッドホンの比率が増えていることに対応しています。

TH909 / TH900mk2

TH909 / TH900mk2

TH900シリーズのシンボルでもある、高級材の水目桜に漆塗りボルドーカラーをまとったハウジングの中央部をくりぬいて、その開口部にはアルミニウム製のエッチングパーツを二重に配した独創的なデザインに。

TH909_005

ドライバーユニットの振動板には広帯域、かつ繊細で解像度の高い音質を実現する、自社開発の
「バイオダイナ振動板」を採用。磁束密度 1.5 テスラを有する高性能ドライバーユニットを搭載しました。

TH909_001

TH900mk2同様デタッチャブル・コネクタ・ポートを装備し、内部配線にも7Nグレードケーブル採用。硬度が高く耐摩耗性、耐食性に優れたロジウムメッキ処理を施した着脱式コネクタ端子。
7N(99.99999%)グレードの高純度OFCアンバランスケーブル(ET-H3.0N7UB)を付属。プラグスリーブは耐久性の高いジュラルミンを使用。別売のXLR端子ケーブル(ET-H3.0N7BL)でバランス接続にも対応。
TH909_002

耳の後方を隙間なく覆うようにフィットし音漏れを低減する、低反発クッションと厳選した高級合皮を採用することで長時間のご使用にも心地よい肌触りと快適な装着感を提供するイヤーパッドを専用設計。
TH909_earpads

FOSTEX TH909の発売は10月下旬。秋のヘッドフォン祭2018にも展示予定とのこと。フジヤエービックでは本日よりTH909の予約受付を開始致します。

FOSTEX TH909 フジヤ価格213,840
TH909_000

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事