このエントリーをはてなブックマークに追加

【速攻】ブリスオーディオ、ULTRASONE Edition11用バランスケーブル開発!秋のヘッドフォン祭で出品。

Brise_2pin-XLR_01

2018年10月27日発売、秋のヘッドフォン祭2018会場で初お目見えする
ウルトラゾーンの新ハイクラス開放型ヘッドホン

ULTRASONE Edition11
Edition11_09

 

ですが、製品発表の時の記事「ある懸念点」 を指摘しました。。。
Blog_cap

バランス接続で聴きたいヘッドホンなので、この問題は何とかしたい!と思っていたところ、タイムロードさんも同様の認識をされていたようで、さっそく某社様が対応!しかもXLRタイプだけでなく、ソニーやゼンハイザーの据置型ヘッドホンアンプで採用されている4.4mm5極バランスケーブルまで、サクッと作って頂けることになりました!それがこちら

ブリスオーディオさん

BriseAudio_logo

 

し、仕事早いっ!早速試作品ケーブルの写真が来ました。
8芯構造、例の”Octa-14″ケーブルですね。
Brise_2pin-XLR_01

CIEM 2pin – 4pin XLR バランスケーブル。
Brise_2pin-XLR_03

そしてもう一つ、(早速ウォークマンに接続している)ブリスオーディオ製の

Brise_2pin-4.4_02

 

CIEM 2pin – 4.4mm5極 バランスケーブル。
Brise_2pin-4.4_03

これらのケーブルは、タイムロードブースで実際にEdition11とPATHOSのヘッドホンアンプなどに接続、デモ展示します。

IMPOLEAR_01-618x464
また、オーダーメイドで次の端子タイプが選べます。
・4極XLR(バランス)
・3極XLR×2(バランス)
・4.4mm(バランス)
・2.5mm(バランス)
・6.3mm(アンバランス)
・3.5mm(バランス)
・3.5mm(アンバランス)

発売予定は2018年11月20日(火)フジヤエービックでも間もなく予約受付を開始致します。価格は1.3mタイプが52,500円の予定。
ヘッドフォン祭会場で聴いてみて良かったらタイムロードまたはブリスオーディオの方にぜひ感想をお伝えください!

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事