このエントリーをはてなブックマークに追加

秋のヘッドフォン祭2018でも2日間開催、「デジ研」は最先端のオーディオ体験イベント!

Digiken2018A_banner

ヘッドフォン祭の中で、「いちばん従来のオーディオショウっぽい」と言われる、
スピーカーを鳴らして座って試聴できるイベント

デジ研デジタル研究会)
DIGIKEN-1

昨年の「ポタ研2017冬」に第1回を開催して以来、主にヘッドフォン祭での開催(北陸オーディオショウで2度開催)を続けています。例えば、2017年春の段階でこんなテーマで開催しています。
DIGIKEN-2

その名の通り「デジタルオーディオの今、そして次」を体験・確認するための、実はかなり精鋭的なことをやっているイベント。既存オーディオショウでは、なかなかここまで絞った企画を実施しづらいため、主にヘッドフォン祭などで開催しています。
DIGIKEN-4

次第に名前と内容が知れ渡るようになってきた春のヘッドフォン祭2018での開催時は、開催テーマによっては大入り満員のお客様を集めるイベントとなってきました。DIGIKEN-6

第7回となる今回、秋のヘッドフォン祭2018でも中野サンプラザ6F「ウインド」ルームにて開催。開催時間は2018年10月27日(土) 11:30~19:00、2018年10月28日(日) 11:30~17:00。スケジュールはこの下をご覧ください。今回のメインテーマは

  • 買いやすい価格帯の機材を使って
  • スピーカーでハイレゾ再生
  • ロスレスハイレゾストリーミング再生

オーディオ評論家は若手気鋭のお二人、おなじみの土方久明氏と逆木一氏が登壇。
digiken_2018a

27日及び28日のタイムスケジュールは、以下の通りになります。
7_DigiKen_time_table

  • ハイレゾストリーミングはどれがいいのか
  • ネットワークオーディオでの音質向上
  • MQAって実際のところ、どうよ?
  • Bluetoothでの高音質再生

こういったテーマに興味のある方は、ぜひウインドルームに集合してください!

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事