このエントリーをはてなブックマークに追加

【ヘッドフォン祭アワード】CAMPFIRE AUDIO SOLARISがグランプリ銅賞だった理由から、イヤホン界のトレンドが見えてきた?

hpfes-award_bronze

いよいよ明日、秋のヘッドフォン祭2018開催からちょうど1か月となる11月28日に公開予定です、

ヘッドフォン祭アワード2018秋
hpfes-award_wide_blonze

グランプリ銅賞は一般の方からの投票も多かった、このモデルを選定しました!

CAMPFIRE AUDIO SOLARIS
HPFES_SOLARIS

実は今回、ヘッドフォン祭アワード初の事態が発生しました。

通常、各部門の金賞受賞モデルの中からグランプリ製品を選出するのですが、今回は一般投票アンケートでの得票数ベスト3モデルが

  • Victor HA-FW10000
  • Cayin N8 DAP(同数2位)
  • CAMPFIRE AUDIO SOLARIS(同数2位)
    HPFES2018A-enq

となったため、一般投票の結果を重視して、部門賞銀賞だったSOLARISをグランプリモデルとしました。そうです、この部門の金賞はHA-FW10000だったのです。部門賞の結果は下の通り、

イヤホン(ハイエンドクラス/15万円以上)
(金)Victor HA-FW10000 奇をてらったところはないのだが、この音質は素晴らしい
(銀)CAMPFIRE AUDIO SOLARIS ヘッドフォン祭では試聴希望者が列をなした人気作
(銅)UniqueMelody MAVERICK II Re; マニアには「マベ」で通る人気機種最新作
イヤホン(アッパークラス/10-15万円)
(金)FAUDIO MAJOR ゴージャスゴールドな外見だが音はしっかりした正統派
(銀)SONY IER-M9 ソニーのハイクラスイヤホンに、外れ無し
(銅)CAMPFIRE AUDIO ANDROMEDA S 完売状態になっているため、この順位に

あのMAVERICKやANDROMEDA Sでさえ部門賞銅賞、しかも選外となったモデルもいくつかあるほど大豊作だった、秋のヘッドフォン祭2018でのハイクラスイヤホン。

昨年は、ホームユースハイエンドヘッドホンが花盛りの1年で、高額ヘッドホンが次々と誕生した年でしたが、ハイエンドヘッドホンシステムがハイエンドスピーカーシステムに負けないほどの音質となり、オーディオファンにサブシステムとしてのヘッドホンシステムの価値が認知されてきた結果ではないかと言われていました。

今年は、昨年からのワイヤレスイヤホンの圧倒的な伸び(ヘッドフォン祭アワードでも3万円以下はワイヤレスモデルのほうが多くなり、今後も期待の新モデルが控えている)を受けて、逆に「現在のワイヤレスでは到達しえない音」を出す、このクラスのハイエンドイヤホンが多数出てきたのでは・・・?と、フジヤエービックでは考えています。どうでしょうね?

それはさておき、早速国内正規代理店のミックスウェーブ様に受賞をお知らせしに来ました!

ヘッドフォン祭やポタ研でもおなじみ、ミックスウェーブの「顔」、宮永部長にトロフィーをお渡ししました。左手にはSOLARISが。
Mixwave001

フジヤエービック(以下、「F」):まずはSOLARIS受賞、おめでとうございます。秋のヘッドフォン祭2018のイメージにも使わせて頂いた “SOLARIS”ですが、一般公開はヘッドフォン祭会場が世界初ということもあり、ヘッドフォン祭会場でも大変な人気を博していましたね。

ミックスウェーブ(以下、「M」)ありがとうございます。当初は10月初旬開催のデンバーの”Rocky Mountain Audio Fest”で公開される予定でしたが、仕様が確定していなかったようで見送りとなり、秋のヘッドフォン祭でワールドワイドプレミア公開させて頂きました。
HPFES_CAMPFIRE_02 HPFES_CAMPFIRE_01

F:私、ちょうど2日目(10/28)の開場時にミックスウェーブブースにいて上の写真撮っていたのですが、直後からSOLARIS試聴希望の方が続々と詰め掛け、あっという間に列が出来てしまい驚きました・・・

M:2日間通してみても、SOLARIS試聴の方が一番多かったですね。

F:その後、他にもANDROMEDA SMaverick II Re:、Equinox など、人気モデル勢ぞろいなミックスウェーブブースは2日間に渡って大盛況でしたね。Mixwave002
左からMaverick II Re: / Equinox / ANDROMEDA S / MAJOR / SOLARIS

F:ANDROMEDA系の角ばったハウジング、ATLAS系のステンレススティールハウジングとも違うSOLARISですが、こちらもシリーズ化やバリエーションモデルの予定などはあるのでしょうか?

M:幸い外観デザイン、音質とも好評を得ていまして、CAMPFIRE AUDIOのボス、KEN BALL氏が自ら「これまでのCAMPFIRE AUDIO製品の集大成」と言っているので、恐らく当面そういうことは無いでしょうね。
KEN-341x510
Mr. Ken Ball

F:気になるSOLARISの発売時期なんですが、いつ頃になりそうですか?

M:年内から遅くても年明けまでには発売を開始したいと思いますが、当初はとにかく数量が・・・お客様にはご迷惑をお掛けするかもしれませんが、現時点では初回出荷以降の見通しが立てにくいですね。
SOLARIS_01

F:今年は新製品を大量に発表して頂いたCAMPFIRE AUDIOさんですが、宮永さんの耳に入っている来年の予定などはありますか?

M:これは既に色々なところでKENさんが発言していますが、時代の流れもあり少し前からワイヤレスケーブルなどを開発しているので、来年には形になって出てきますかね・・・やはり音質面でのネックが課題のようです。「特に高音部分の音質が」と言っていました。
SOLARIS_002

F:20本限定受注、それも春と秋のみ!ということで、こちらもマニアの間で話題になりご希望者多数のため抽選となったカスタムイヤホン”EQUINOX”は、また来春頃に受注するのでしょうか?ちなみにカスタムイヤホン部門でも銅賞となっています。銅賞なのは「20人しかゲットできないから」なんですが。

M:多くの方から購入ご希望を頂いた話はフジヤさんから伺っていますので、本国へフィードバックして次もどこかで受注できる機会をご提供したいです。このEQUINOXも、製作など色々大変なようで・・・
EQUINOX

F:今アワードには多数の新製品が選出されました。ありがとうございます!CAMPFIRE AUDIO、FAUDIO、BEAT AUDIOの方にも是非受賞の件をお伝えください。

M:ありがとうございます。KENが気にしてました(笑)

SOLARIS_00

CAMPFIRE AUDIO SOLARISの販売については、年内には詳細発表予定!フジヤエービックでは詳細決定と同時にご予約受付を開始致します。

 

02

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事