【聴いてみた】ゼンハイザーのプロ用IEM “IE 40 PRO”登場!試聴用デモ機も用意しました!

【聴いてみた】ゼンハイザーのプロ用IEM “IE 40 PRO”登場!試聴用デモ機も用意しました!

【聴いてみた】ゼンハイザーのプロ用IEM “IE 40 PRO”登場!試聴用デモ機も用意しました!

SENNHEISER (ゼンハイザー)
【聴いてみた】ゼンハイザーのプロ用IEM “IE 40 PRO”登場!試聴用デモ機も用意しました!

ヘッドホン・イヤホンの世界に足を踏み入れた方ならば、必ず一度はその製品のどれかを聴いたことがあるのではないでしょうか。
例えば発売から15年を経て今なお人気の”キング・オブ・ヘッドホン”、HD 650
【聴いてみた】ゼンハイザーのプロ用IEM “IE 40 PRO”登場!試聴用デモ機も用意しました!

「春のヘッドフォン祭2009」で国内デビュー、フジヤエービックが世界一の販売数量を記録し、ヘッドフォン祭でも各社に「リファレンス」として使われることの多い、名器HD 800
【聴いてみた】ゼンハイザーのプロ用IEM “IE 40 PRO”登場!試聴用デモ機も用意しました!

カナル型とは思えないクリアさと音場の広がりを感じさせるイヤホン、IE 800 S
【聴いてみた】ゼンハイザーのプロ用IEM “IE 40 PRO”登場!試聴用デモ機も用意しました!
先日のヘッドフォン祭で国内初公開され、近日中には発売を開始するであろうフルワイヤレスイヤホン・MOMENTUM True Wirelessも前人気の非常に高いモデルです。
【聴いてみた】ゼンハイザーのプロ用IEM “IE 40 PRO”登場!試聴用デモ機も用意しました!

そんなゼンハイザーから、海外オーディオショーではすでに発表されマニアからの注目も集めていた、初の「プロ向けインイヤーモニター(IEM)」となるモデルがついに登場します!

SENNHEISER IE 40 PRO
【聴いてみた】ゼンハイザーのプロ用IEM “IE 40 PRO”登場!試聴用デモ機も用意しました! 【聴いてみた】ゼンハイザーのプロ用IEM “IE 40 PRO”登場!試聴用デモ機も用意しました! 【聴いてみた】ゼンハイザーのプロ用IEM “IE 40 PRO”登場!試聴用デモ機も用意しました!

フジヤエービックでは2018年12月8日(土)の発売開始を前に、ひと足早くその実物を聴かせていただきましたので、さっそくファーストレビューをお届け致します!

今回ゼンハイザージャパンさんから届いたレビュー機はクリアモデル。ケーブル長さは1.3m、プロユースのモニターモデルということで、リモコンなどはありません。3.5mmプラグはL字型。
【聴いてみた】ゼンハイザーのプロ用IEM “IE 40 PRO”登場!試聴用デモ機も用意しました!

ゼンハイザーのエントリークラスイヤホンは、CXシリーズやMOMENTUM In-Earなどケーブルを普通に垂らすタイプばかりでしたが、このIE 40 PROはモニターモデルということもあり、耳かけタイプ(ワイヤー入り)。そして、イヤホンファン的に気になる着脱式ケーブルの端子形状ですが・・・
【聴いてみた】ゼンハイザーのプロ用IEM “IE 40 PRO”登場!試聴用デモ機も用意しました!【聴いてみた】ゼンハイザーのプロ用IEM “IE 40 PRO”登場!試聴用デモ機も用意しました!

ちょっと他のモデルでは見かけない端子形状ですね。SHUREはじめ多くのモデルが採用しているMMCX端子や、オーディオテクニカが採用しているA2DC端子と並べるとこんな具合。左:IE40PRO 中:MMCX 右:A2DC
【聴いてみた】ゼンハイザーのプロ用IEM “IE 40 PRO”登場!試聴用デモ機も用意しました!

この端子に関してはドイツ本国からも特に言及がないそうで、今の時点ではこのIE 40 PRO専用という感じのようです。(端子に詳しい方、なにかご存知でしたら教えて下さい!)
リケーブル派にはちょっと残念な情報ではありますが、ここはケーブルメーカー各社の頑張りに期待したいところですね。なお端子の取り外しは非常に楽で、MMCXのように場合によっては抜けなくて力を入れるようなこともなくスッスッと抜き差しできます。

【聴いてみた】ゼンハイザーのプロ用IEM “IE 40 PRO”登場!試聴用デモ機も用意しました!

イヤピースはシリコンタイプ(S/M/L)とフォームタイプ(M)の4組が付属。
いずれも十字の仕切りがされており、その奥にはスポンジ状のフィルタが装着されている
独自の仕様になっています。音響フィルターの役目を果たしているのでしょうか。
【聴いてみた】ゼンハイザーのプロ用IEM “IE 40 PRO”登場!試聴用デモ機も用意しました!
イヤピースを外してみると・・・カエシのついたちょっと太めで短いステムに、こちらにもスポンジ状のフィルタが装着。ステムのカエシですが、実はこれがIE 40 PROの「技」を実現する仕様の一つなのです。
【聴いてみた】ゼンハイザーのプロ用IEM “IE 40 PRO”登場!試聴用デモ機も用意しました!

イヤピースの軸の内部をよーく見ると・・・外側がまるで伸び縮みするかのような円周方向の溝が刻まれていて、溝の部分の内部は逆に引っかかるように出っ張りになっているの、判りますか?
実はIE 40 PRO、この溝にステムのカエシをはめ込むことで、イヤピースの装着位置がドライバーユニットから見て遠近2段階に調整可能なのです。
【聴いてみた】ゼンハイザーのプロ用IEM “IE 40 PRO”登場!試聴用デモ機も用意しました!

マニュアルによればこれで装着感を変えられる、というのが目的のようですが、音の方にも
しっかり影響するので(押し込むと低域の量感UP)、これも気分や曲で使い分けするのも
面白いですね。
なお、付属のイヤピース以外にもSednaEarFit、final Eタイプなど定番イヤピースも
しっかり装着できましたのでイヤピマニアの方はぜひお試しを。

本体のアップ。内部のスポンジを写したいので、バックを白に変えようとして動かしたところ、

【聴いてみた】ゼンハイザーのプロ用IEM “IE 40 PRO”登場!試聴用デモ機も用意しました!

撮影中にポロっと落としてしまったら、なんと内部のスポンジが取れてしまいました! 【聴いてみた】ゼンハイザーのプロ用IEM “IE 40 PRO”登場!試聴用デモ機も用意しました! 【聴いてみた】ゼンハイザーのプロ用IEM “IE 40 PRO”登場!試聴用デモ機も用意しました!

偶然のアクシデントなのですが、内部で接着剤などでくっつけている訳ではないようなので、イヤチップ交換の際などにはスポンジ脱落には十分にご注意を。元通りはめ直して、事なきを得ましたが・・・
【聴いてみた】ゼンハイザーのプロ用IEM “IE 40 PRO”登場!試聴用デモ機も用意しました!
今回聴いてみたのはクリアモデルなので、しっかりと10mmダイナミックドライバが収まっている様子がうかがえます。筐体にはゼンハイザーロゴのワンポイント。端子はかなり奥深くまでしっかり刺さっており、本体とはシース部分まで入り込んでいて強度的にも問題なさそうです。
【聴いてみた】ゼンハイザーのプロ用IEM “IE 40 PRO”登場!試聴用デモ機も用意しました!

さて肝心の音の方はというと・・・(試聴にはIRIVER SR15を使用しました)
【聴いてみた】ゼンハイザーのプロ用IEM “IE 40 PRO”登場!試聴用デモ機も用意しました!
ゼンハイザーのイヤホン・ヘッドホンの大まかな音質的イメージとしては「柔らかでゆったりとした、クラシックなどの流れるような音楽向き」という感じを持っている方も多いかと思いますが
このIE 40 PROは、プロ用ステージモニターという用途で開発されたモデルなだけに、そうしたイメージとは違い若干硬めで歯切れの良さを感じる中高域と、キレがありながらドシッとした中低域が印象的。最高域へかかる部分の伸びはそれほどではありませんが、切れの良い音質と定位感、音場の広がりなどは価格帯を考えるとかなり優秀な部類ではないでしょうか。
ヴォーカルやベース、ドラムといった音域にポイントを絞って聴きたい、という時にはつい手に取ってしまう、そんな魅力があります。
【聴いてみた】ゼンハイザーのプロ用IEM “IE 40 PRO”登場!試聴用デモ機も用意しました!

それにしてもこの音の感じ、どこかで聴いたことがあるような・・・

あ!

この頭の中心にドスッと居座るような芯のある低音は、こちらもゼンハイザーの定番ヘッドホン・プロ用モニターのHD 25にちょっと似ているような気がします。
【聴いてみた】ゼンハイザーのプロ用IEM “IE 40 PRO”登場!試聴用デモ機も用意しました!
そういえばHD 25もプロ向けヘッドホンとして長年世界中で愛用されている製品で、ゼンハイザーらしくない、ロックやメタルに向いているヘッドホンとしても有名ですが
このIE 40 PROもそうしたジャンルは得意そうです。恐らく、このHD 25の音質を参考にして開発されたのでしょうね。
【聴いてみた】ゼンハイザーのプロ用IEM “IE 40 PRO”登場!試聴用デモ機も用意しました!

ここ数年で1万円台のイヤホンについては中国メーカーなどの影響で急激に製品レベルが上がり、しかも昨年あたりからはワイヤレスイヤホンが激増して、今度はワイヤードイヤホンの比率が下がってきています。その最中に、改めて老舗中の老舗・ゼンハイザーが送り込んできた、しかもプロユースに近いインイヤモニターというジャンルで勝負しに来たのが、このIE 40 PRO。
しかしさすがゼンハイザー、魅力的な製品に仕上がっており、「プロ向け」という言葉でくくるのはもったいない、イヤホンファンならぜひとも試してみていただきたい製品に仕上がっていますよ!

というわけでここまでいちはやくレビューをお届けしましたが、なんと正式発表された本日、11月29日からフジヤエービックではIE 40 PROの店頭での試聴機をご用意!というか撮影した個体ですね(笑)
【聴いてみた】ゼンハイザーのプロ用IEM “IE 40 PRO”登場!試聴用デモ機も用意しました!
以前からのゼンハイザーファンの方も、これまでジャンル的に縁がなかったという方もフジヤエービックPart3店頭でぜひお試し下さい!フジヤエービックではご予約も本日から受付開始、発売は2018年12月8日(土)です。カラーは今回ご紹介したクリアの他、ブラックもありますよ!

SENNHEISER IE 40 PRO CLEAR フジヤ価格14,040円
【聴いてみた】ゼンハイザーのプロ用IEM “IE 40 PRO”登場!試聴用デモ機も用意しました! 【聴いてみた】ゼンハイザーのプロ用IEM “IE 40 PRO”登場!試聴用デモ機も用意しました!

 

SENNHEISER IE 40 PRO BLACK フジヤ価格14,040円
【聴いてみた】ゼンハイザーのプロ用IEM “IE 40 PRO”登場!試聴用デモ機も用意しました! 【聴いてみた】ゼンハイザーのプロ用IEM “IE 40 PRO”登場!試聴用デモ機も用意しました! 【聴いてみた】ゼンハイザーのプロ用IEM “IE 40 PRO”登場!試聴用デモ機も用意しました!

【聴いてみた】ゼンハイザーのプロ用IEM “IE 40 PRO”登場!試聴用デモ機も用意しました!

関連する記事