このエントリーをはてなブックマークに追加

【聴いてみた】HeadAmp Blue Hawaii常設展示開始!2台の静電型ヘッドホンを同条件比較レビュー!

BlueHawaii_004

春のヘッドフォン祭2018/秋のヘッドフォン祭2018でも、そのヘッドフォンリスニング史上で至高の音を体験できる!と、その高音質にマニアも納得していたハイクラスヘッドホンアンプメーカー

HeadAmp Audio Electronics
HeadAmp_logo-540x162

フジヤエービックでは既に販売実績を作っていることもあり、輸入代理店のエミライ様より

「常設デモ機展示」出来ることになりました!
BlueHawaii_001

Blue Hawaii SE with DACTGS-X Mk2の2モデルがしばらくフジヤエービック店頭でご試聴頂けます。今回はトップモデルで静電型ヘッドホン専用のBlue Hawaii SE with DACTをレビュー、GS-X MK2は、また別のエントリでじっくりご紹介しようと思います。
見てください、この電源部別筐体の偉容!

BlueHawaii_002

これが背面、本体と電源部はぶっといケーブルで接続されています。入力はアナログのみ、RCAアンバランス2系統とXLRバランス1系統、スルーアウトも装備されています。

BlueHawaii_003

さあ、電源入れてあっためてみましょう!真空管はむき出しなので絶対に触らないよう、フジヤエービック店頭でご試聴の際にも必ずスタッフにお声がけ頂き、接触に気を付けてお聴き頂きますよう、お願い致します。
BlueHawaii_006

温まったところで、それでは皆さん憧れの?2台をつないで(同時接続できると比較試聴にはとても便利!)聴いてみましょう。なおスタックス社製品は御覧の通り接続できますが、その際のアンプまたはヘッドホンの故障につきましてはいずれも保証対象外となりますので、その点ご了解頂いた上での使用をお願い致します。3台で合計166万円以上・・・・

MrSpeakers VOCE  STAX SR-009
BlueHawaii_000

AK380 Copperで流す音は、

いきなりのRADWIMP「前前前世」! wwwww
BlueHawaii_005

VOCEから聴いてみました、装着して音を出すなり
「これは凄いわ・・・」

ベースのファンダメンタルの響きが素晴らしすぎます!間奏部分のベースソロみたくなるところなどは、ぜひ一度お聴き頂きたい。ヴォーカルもバシッ!と出てきて、昔の人が静電型ヘッドホンに持ちがちな「音は奇麗だけど、パワー感やガッツが出にくい」というようなステレオタイプなイメージは、現代の静電型ヘッドホンには全くありません。それでいて、ギターのエフェクターの音まで聴き分けられそうな分解能は、さすが静電型と言わんばかりの精細さ。130万円以上するシステムですが、この音をスピーカーで出そうとしたらいくらのお金と、それに手間がかかるのやら・・・

RADWIMP1

 

続いて、同時接続しているSR-009にチェンジ。音量はこちらのほうが取れ(=能率が高く)、Blue Hawaiiのクリック付きボリュームで約3目盛り分の音量差があります。
「ちょっと待てよ・・・」

音量を合わせても、比較すると全域でVOCEよりブライトな音傾向。ベースのうねりについてはVOCEに軍配を上げますが、その代わりフラット感も強く、特に高音域、曲始まってすぐにドラムがシンバルのみでフィルを入れたりしてきますが、その音の繊細さと言ったら、やはりこの辺は静電型の独壇場なんだと思わずにはいられません。

そして、この2台のヘッドホンの個性を際立たせるほどしっかりドライブしているBlue Hawaiiの実力も素晴らしいです。今度はSRM-T8000と取り換えて比較試聴やってみましょうかね?
RADWIMP2

新しい曲から古い曲、様々なジャンルで比較試聴してみました。

宇多田ヒカル「花束を君に」

UTADA2UTADA1

 

大野雄二バンド「ルパン三世のテーマ’78 (2005 Remix)」

LUPIN1LUPIN2

 

キャロル・キング「It’s Too Late」

CaroleKing1CaroleKing2

 

 

 

 

ファレル・ウイリアムズ「Happy」※余談ですがこの曲のサビ以降、コーラスが入る部分は静電型ヘッドホンで聴くと、その音の広がりと細やかさに驚かされます!

HAPPY1HAPPY2

 

 

松田聖子「赤いスイートピー」※これも素晴らしいです!

SEIKO1SEIKO2

・・・ということで、どの曲でも比較試聴しての両ヘッドホンの特色は同じ傾向となります。

☆フルオケの曲であっても万能的にこなし静電型らしい中高域で爽快感の高い、いかにも日本の製品らしいSTAX SR-009

☆曲などによってハマると素晴らしいグルーヴを醸し出し、JAZZ系やヴォーカルに強みを持つ、名前通りのMrSpeakers VOCE

といったところでしょうか。(あくまでBlue Hawaiiを通して聴いた印象ですが)

OZAWA1OZAWA2

小澤征爾/ボストン交響楽団「ドヴォルザーク『新世界より』」

ということで、Blue Hawaiiが常設され、この2台が無料で比較試聴できるショップ、日本に何店あるでしょうかね?フジヤエービックは毎日10:30-20:00まで中野ブロードウェイ3Fで営業中です!

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事