このエントリーをはてなブックマークに追加

【行ってきた】「上海HIFI耳机展」は新製品にまだ見ぬ製品多数!春のヘッドフォン祭にはどうなる?

FitEar Pure

フジヤエービックスタッフは、今回ある目的をもって上海に飛んだ!行先は、

上海HIFI耳机展 
(SHANGHAI HIFI HEADPHONES EXPO)

Shaghai-HIFI2019_poster

2019上海HIFI耳机展(第四届)

上海HIFI耳机展 (SHANGHAI HIFI HEADPHONES EXPO) とは?

ヘッドフォン祭にも毎回取材に来て頂いている、中国最大級のポータブルオーディオファンネットである耳机大家伝(erji.net)が主催する、上海のヘッドホン・イヤホン・ポータブルオーディオ機器の大規模展示会です。今回で4回目の開催。

2018上海HIFI耳机展(第三届)

2018上海HIFI耳机展(第三届)

上海市のファティンホテル&タワーズ(上海华亭)で開催された、会場の模様や展示製品などは、フジヤエービックのツイッターでも随時お知らせしましたが、ここではそのまとめをお送り致します!
ファティンホテル&タワーズ(上海华亭)

ファティンホテル&タワーズ(上海华亭)

今回は、開催初日である23日の前日、22日から会場へ入場できるよう取り計らって頂きました!
Shanghai_002

ヘッドフォン祭開催の中野サンプラザにも、似たような景色がありますね。
Shanghai_003

最近は日本ではちょっと下火?な、奇麗な女性のプレゼンテーションも健在。
Shanghai_004

日本でもおなじみ、フィットイヤーさんもブースを出展しています。
Shanghai_005

え!?こ、これは未知のモデルじゃないですか?

FitEar PURE。。。だと!?

FITEAR PURE

FITEAR PURE

「発表会もあるので、試聴は明日から」という事でした、開催初日に聴いてみましょう!!

開催初日の23日。入場者は記名するとこのトートバッグがもらえるんですね。推定ではなく、実際に興味を持ってくれたお客様の実数が分かる点はメリットですね!もっともヘッドフォン祭では、中野サンプラザの上の階まで来る方は間違いなくヘッドフォン祭目当て、ということで、その概数を毎回発表しているため誤差は少ないのですが。
Shanghai_006

さて、それでは、まずフィットイヤーの新製品発表会から取材しましょう!こちらもヘッドフォン祭では、おなじみサンプラザ6Fチャペルなどで良く見かけるような光景。

FitEar Pure製品発表会 - 須山歯研

FitEar Pure製品発表会 – 須山歯研

須山歯研・須山社長が登壇してのプレゼン開始。「春声」じゃなく、あえて日本語ひらがなを入れた「春の声」にしてあるところが日本メーカーの矜持?

FitEar Pure製品発表会 - 須山歯研

FitEar Pure製品発表会 – 須山歯研

そして新製品 “FitEar PURE”の紹介です。ユニバーサルモデルですよ!!

FitEar Pure製品発表会 - 須山歯研

FitEar Pure製品発表会 – 須山歯研

で、こちらがPURE実機。その音は・・・!?乞うご期待(ってことは?)

FitEar Pure

FitEar Pure

…というような大人の事情はありますが、それはそれ!で、会場内の目についた、耳に届いてきた品をご紹介しましょう!!

まずはこちら、ヘッドホンアンプ自体はもう2,3年前に発売されているのですが国内への正式輸入がない、MANLEY(マンレイ)の昨年出た新作、MANLEY Absolute Headphone Amp 。日本人の想像する「オーディオ製品」とは違ったベクトルのデザインなのが正規輸入されない原因かも?ですが、フジヤエービックとしては入れて欲しいですね。特に背面の端子を見れば、しっかりオーディオクオリティで作られている製品という事は一目瞭然。

MANLEY Absolute Headphone Amp

MANLEY Absolute Headphone Amp

MANLEY Absolute Headphone Amp

MANLEY Absolute Headphone Amp

CONSONANCE Linear X

CONSONANCE Linear X

この”CONSONANCE”(調和、協和音という意味。ジェフローランドのアンプに同名の製品がありましたね)という、OPERA AUDIOというメーカーが持つブランドの、300B真空管を使ったヘッドホンアンプ“CONSONANCE Linear X”も、なかなか凝ったアンプ。バランス出力もばっちり装備。
Shanghai_012

 

ULTRASONEからは、昨年末にEdition15 Veritas / Saphire と同時に中国で発表されていますが日本未導入のポータブルヘッドホンアンプ”ULTRASONE Panther”も展示されていました。ULTRASONE Panther

ULTRASONE Panther

 

XI AUDIO(イレブンオーディオ)からは、こちらは既に秋のヘッドフォン祭2018などで参考展示されているヘッドホンアンプ “XI AUDIO Broadway”が展示。バッテリー内蔵なのですが、ポタアンというよりはバッテリー駆動でノイズなどの低減を図ったのが主目的な据置ヘッドホンアンプ(ちゃんと底部に4つ脚がついてます)と言えるでしょう。ネーミングからして、早く中野ブロードウェイで売りたい品です!!

XI AUDIO Braodway

XI AUDIO Braodway

こちらのヘッドホンアンプも、深センのQLS ELECTRONIC TECHNOLOGY CO.,LTD.(QLS-HiFi)(quloos)というメーカーの参考出品モデル。しっかりしたつくりですね、価格次第では日本でも行けそうです。

QLS Hi-Fi

QLS Hi-Fi (quloos)

 

Shanghai_043

これはワンオフ品と思いますが、CHORD Hugo 2の真鍮削り出しボディモデルが鎮座。超重いです!!!
Shanghai_033

 

ヘッドホンでは、噂の密閉型Utopia? FOCAL Stelliaが出ていました!!「密閉式フラッグシップ」って、日本人にも読めますね。
Shanghai_029

FOCAL Stellia

FOCAL Stellia

Utopiaと同じ、ベリリウムドライバー。これは凄いですね、日本への導入は・・・もう少しかも(汗)???

FOCAL Stellia

FOCAL Stellia

KENNERTON AUDIOの日本未発売モデル・KENNERTON THRORもお目見えしていました。あちらでは3,000ユーロ以上のプライスタグが付く、平面駆動式のフラッグシップモデルです。

KENNERTON THROR

KENNERTON THROR

DAPはちょうど端境期?のため目立ったモデルはありませんでしたが、その中でも「コレ日本にも早く入れて!」と思ったのが、先ほど発表されたばかりの超小型モデル、Fiio M5 でした!

Fiio M5

Fiio M5

Fiio M5

Fiio M5

イヤホンは、中国でもワイヤレスが全盛を迎えています。ただし、中国でも耳の肥えたマニア、オーディオファンが増えており、日本でも人気のSENNHEISER MOMENTUM TRUE WIRELESS は絶大な支持を得ているのだそう。
Shanghai_010

日本でも徐々に支持を集めているFAUDIOは、FAUDIO Chorusのユニバーサルモデルを出品。FAUDIO Chorus Universal

FAUDIO Chorus Universal

そしてそして!こちらがFAUDIO SCALE ユニバーサル!!国内導入、期待してます!FAUDIO SCALE Universal

FAUDIO SCALE Universal

こちらは先日のブログでもお知らせした、Oriolusの静電型ドライバー採用ハイブリッドイヤホン。3/30(土)には日本上陸、中野ブロードウェイのフジヤエービックで無料試聴会を開催しますので、ぜひお越しください。イベント詳細

Oriolusの静電型ドライバー採用ハイブリッドイヤホン

Oriolusの静電型ドライバー採用ハイブリッドイヤホン

cyras_0330_pop

フジヤエービックで国内正式販売を開始するや人気爆発!の水月雨(Moondrop)の国内未導入・・・どころか本国でも未発売の、参考出品イヤホン。

水月雨(Moondrop)

水月雨(Moondrop)

日本のメーカーの、国内未発売モデルなんかもありました。これはパイオニアブースで発見した、CRV80というモデル。

Pioneer CRV80

Pioneer CRV80

その他にも、気になるイヤホンメーカー多数!!

ART AUDIO

ART AUDIO

ART AUDIO

ART AUDIO

tp AURORA

tp AURORA

SoftEars CERBERUS

SoftEars CERBERUS

UFOEAR

UFOEAR

UFOEAR

UFOEAR

SENFER

SENFER

DEBAUCHE BACCHUS MONROE

DEBAUCHE BACCHUS MONROE

TO2 AUDIO

TO2 AUDIO

イヤホンリケーブルの、ケーブルメーカーも花盛り!このへんは、まだまだ中国でもマニア中心にワイヤー度イヤホンの利用者は数多いようですよ。

HAKUGEI

HAKUGEI

Shanghai_025Shanghai_013 Shanghai_014

・・・とまぁ、こんな感じで上海のヘッドホン/イヤホンオーディオは花盛り!ヘッドフォン祭を初めて10年以上が経ち、中国や香港でも続々と大きなヘッドFン/イヤホンオーディオのショーが立ち上がっていて、向こうの人の層の厚さもあって、ヘッドフォン祭を含む日本の類似ショーも規模的には向こうが上回りつつあります。来場者が何人!!というのは、もうあまり意味がなくなってきたいますので、ヘッドフォン祭では今度の「2019春」から、パイオニアとしての新しい試みをいくつか立ち上げる予定です。

春のヘッドフォン祭2019は、来る2019年4月27日(土)28日(日)両日、中野サンプラザにて開催いたします、入場は無料。平成最後のオーディオショー?となる、春のヘッドフォン祭2019の新しい試み、どうぞご期待ください!特設ページはこちら!

春のヘッドフォン祭2019 Tokyo Headphonre Festival 2019 Spring

春のヘッドフォン祭2019 Tokyo Headphonre Festival 2019 Spring


 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事