このエントリーをはてなブックマークに追加

【ラスボス】Noble Audio 新フラッグシップモデル “KHAN (カーン)” 春のヘッドフォン祭2019に降臨!【KING OF KINGS】

KHAN_001

春のヘッドフォン祭でヴェールを脱ぐ、NOBLE AUDIO(ノーブルオーディオ)の新フラッグシップモデル。その名は

NOBLE AUDIO KHAN (カーン)
NOBLE AUDIO KHAN

王の中の王として位置づけられた、Noble史上最高のフラグシップモデル。

この名前と、この文章からすると・・・チンギス・ハーンよりも、某SF作品に出てくる、ラスボス系キャラクターからの。。。ネーミング?のようですね。

Noble_KAHN_006

Noble Audio KHAN 概要:

諸王の王たる、Noble Audioの新たなフラッグシップモデル
KhanはNoble Audioの歴史に新たな1ページを刻むフラッグシップモデルです。

Khanは当初、特にNoble Audioの伝説的なIEMであるK10をこよなく愛するお客様をターゲットとして開発がスタートしました。開発を進める過程で革新的なドライバーやマテリアルとの出会いを経ることで、Khanは最終的にKatanaを超えるリファレンス・サウンドを獲得し、新生Noble Audioを代表する作品に仕上がりました。
KHAN_002

☆イヤホンとは思えない立体感を持ち、ニュートラルさを追求した最高の解像度。
☆PIEZO ELECTRIC(圧電素子)タイプドライバー採用ハイブリッドタイプ。
☆PIEZOドライバーを採用した事により、高音域の描写をよりリアルに。また、三次元的な音場表現や立体感を再現。このドライバーは日本で設計・製造されています。

☆6ドライバーハイブリッド構成 3つの異なるタイプのユニットを実装。

  • バランスドアーマチュアドライバ x4
  • 10mm径ダイナミック型ドライバ x1
  • 10mmピエゾエレクトリックタイプドライバ x1

☆精密加工を施したステンレス製ノズルを採用。長期の使用に耐える堅牢性を実現
☆フェイスプレート部には、最新マテリアル「M3」を採用。フェイスプレート部は、すべて美しいシルバーとブラックの複雑な組み合わせによる模様が描かれており、同じ素材から削り出されて作られていますが、一つとして同じものはありません。
☆銀メッキ高純度銅導体を採用した純正ケーブル。端子:Custom IEMタイプ2pin
KHAN_cable

NOBLE AUDIO KHAN 仕様:
ドライバー数:6基【低域用】10mm径ダイナミックドライバー 1基 、【中低域用】Knowles製BAドライバー 2基、【中高域用】Knowles製 BAドライバー 2基 、【超高域用】10mm径PIEZOドライバー 1基
再生周波数帯域:20 Hz to 25 kHz クロスオーバーネットワーク:4-way crossover
能率:109 dB at 1 kHz インピーダンス:19 ohms at 1 kHz
コネクター:2-pin/0.78mm規格 フェイスプレートカラー:M3 Silver&Black

発売開始は2019年5月24日。このNOBLE AUDIO KHANは、明日4月27日から28日にかけて開催される、春のヘッドフォン祭2019・エミライブース(中野サンプラザ6Fコスモルーム)にて出展。試聴が可能となります。入場は無料

また、フジヤエービックでは本日よりKHANの予約受付を開始致します。

NOBLE AUDIO KHAN フジヤ価格289,440円
KHAN_004

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事