このエントリーをはてなブックマークに追加

【新フラッグシップ】Astell&Kern、 「High End MUNICH 2019」にて計3種類の新製品を発表!

A&ultima SP2000

Astell&Kernは2019年5月9日よりドイツ・ミュンヘンで開催される「High End MUNICH 2019」にて、ポータブルプレーヤー、ポータブルアンプ、インイヤーモニター、各1種の計3種類の新製品を発表するとの一報が!

新製品3種はハイエンド層のオーディオ/ヘッドホンファンをターゲットとした、新フラッグシップと位置付けられるモデルとなる。

■ハイレゾ対応ポータブルプレーヤー
 A&ultima SP2000

■ポータブルヘッドホンアンプ
 SP1000 AMP

■ユニバーサルIEM
 AK T9iE

A&ultima SP2000

Astell&Kernのフラッグシップライン「A&ultima」の最新のポータブルプレーヤーで、旭化成エレクトロニクス社の最新フラッグシップDACであるAKM「AK4499EQ」をデュアル構成で採用しており、PCM最大768kHz/32bitとDSD512(22.4MHz/1bit)のネイティブ再生に対応。また、SP1000で採用されていたOcta-Core CPU、5インチタッチスクリーンに加え、これまでのAstell&Kern プレーヤーの2倍の容量となる512GBの内蔵メモリーを搭載しています。ボディ素材はStainless SteelとCopperの2種類となります。

A&ultima SP2000

A&ultima SP2000

SP1000 AMP

A&ultima SP1000専用の新しいアンプもデビューします。
『Astell&Kern SP1000 AMP』 はハイゲイン設定時、バランス接続で10Vrms、アンバランス接続で6.2Vrmsの高出力を実現し、より大きなパワーを必要とするヘッドフォンも余裕をもってドライブします。3,700mAの内蔵バッテリーを備え、SP1000 AMPは連続再生時間最大9時間を可能にしています。カラーはStainless Steel、Copper、Onyx Blackの3色です。

A&ultima SP1000AMP

A&ultima SP1000AMP

AK T9iE

大好評を得たハイエンドIEMであるAK T8iEのアップデートモデルもデビューします。
『AK T9iE』は新デザインのアコースティックベントポートとフィルターを特色としており、
低域の補完、より滑らかな高域再生を提供します。純銀とOCC のハイブリッドケーブルは、電気抵抗率を低く抑え、ダイナミズムとクリアさのコンビネーションを可能にし、スムーズで心地よいサウンドを実現します。

A&ultima AKT9iE

A&ultima AKT9iE

以上3製品の詳細及び日本国内での発売日や価格等については未定ですが、確認とれ次第お知らせ致します!

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事