このエントリーをはてなブックマークに追加

【新シリーズ】春のヘッドフォン祭2019展示のファイナル新イヤホン3モデル、6/28デビュー!それぞれの特徴とは?

final_B1_B2_B3

先日都内某所にて開催された、 「イヤホン・ヘッドホンがもっと楽しくなる音響講座 by final」を受講してきました。
 「イヤホン・ヘッドホンがもっと楽しくなる音響講座 by final」

かなり専門的で、音響系の知識が必要な内容なのですがスピーカーの方がとても平易に分かりやすく解説してくださる(後で聞いたところによると、社内でかなりの時間トーク内容を練りこんだそうです)セミナーでした。
final_event02final_event04final_event03final_event05
これは秋のヘッドフォン祭2019で、ぜひ再現したいなぁ・・・と思いましたが、このようにファイナルさんは感覚的なものではなく、しっかりした音響研究の結果に基づいた音決めと製品づくりをおこなっているメーカーです。

そのファイナルから、クラウドファンディングで出資募集していたイヤホン3機種が一般向けに販売となります!

final新シリーズ”B series” 「B1」「 B2」 「B3」final_B1_B2_B3

春のヘッドフォン祭2019で参考出展されていましたので、その時聴いた方も多いと思います。

final 新製品「B series」概要:

B seriesは、最新の研究結果が、テーマごとに盛り込まれたエンジニア主導の新しい製品シリーズです。シリーズコンセプトや販売価格というヒエラルキーに縛られることなく、開発できた順に製品化して参りますので、製品名の番号は開発した順番となります。

今回発売する3製品は「音楽の音場感やダイナミックレンジとイヤホン・ヘッドホンの物理特性との関係」に着目し、音作りを行ないました。
私たちは録音された音楽の音作りについて、2つの軸を設定することで整理してみました。
ひとつは、音の距離感に関わる考え方です。クラシックやジャズなどでは、距離感や響き感など、「音場感」を重視した録音が行なわれていると考えられます。一方、ロックやPOPS、また昨今のアニソンに多く見られる録音では、距離感はさほど重視されず、それぞれの楽器やボーカルが前に出てくる「解像感」がより重視されていると考えられます。
もうひとつは、「ダイナミックレンジ」です。つまり音量の時間的な変化幅です。ダイナミックレンジが大きければ、当然音量の時間的変化を利用したダイナミックな音楽表現が可能となりますが、一方で、ダイナミックレンジの変化よりも、常にすべての楽器やボーカルが眼前に迫るように、ダイナミックレンジの幅を小さくした録音が好まれる音楽もあります。
これらの考え方の違いは、どれが優れているというわけではなく、音楽の成り立ちや音楽に求められているものによる違いです。クラシック、特にオーケストラでは、楽器の奥行き方向の前後関係は特に重要で、一番前に弦楽器があり、その後ろに、管楽器、打楽器と配置された各楽器群の距離感や音量のバランスが崩れると音楽が破綻してしまいます。そのため、すべての楽器に対して眼の前に迫るような均一な解像感は求められません。クラシックでも例えば弦楽四重奏などでは、ダイナミックレンジは狭くなり、各楽器の解像度がより際立ってきます。一方で、ロックやPOPSは、音場感はクラシックほど必要とされず、音場感よりも解像感が重視されます。
これらの前提条件が、特にイヤホン・ヘッドホンのリスニングにおいては非常に重要で、それぞれに適したターゲットカーブやドライバー設計にすれば、より深く、音楽を楽しめるようになることがわかってきました。
Bシリーズは、当社Eシリーズよりも、より音楽の聴きどころに沿ったモデル、深くハマると手放せない、そんな魅力のある製品に仕上げています。

B1は、音の近さや臨場感を特に重視したモデルです。アニソンに代表される音楽では、音の近さをより際立させた録音がなされています。
そのように録音された音源では、まさにスタジオエンジニアがイメージしたとおりの音のバランスが再生できるよう設計しています。低域から高域までバランスの良い、立体感のあるサウンドで各楽器、ボーカルの解像度が非常に高いため、 ライブステージの中央に立ったような、 圧倒的な臨場感と躍動感をご体感いただけます。
筐体:ステンレス鏡面仕上(ローズゴールド)
ドライバー構成:1D+1BA(ネットワークレス)
インピーダンス:13Ω
感度:94dB
重量:36g
final B1

final B1

B2は、音場感に富んだ録音に適したモデルです。クラシックなどコンサートホールの反射音や残響を十分活かした録音や、ライブ録音など会場の雰囲気を十分再現しようと意図したミキシングの音源などに適しています。
全帯域にわたって強調感が少なく、自然で滑らかなサウンド。 ボーカルは、その息遣いが感じられるほどに近く 音の立ち上がりと立ち下がりを正確に再現できるため 各楽器の細かな音のニュアンスや抑揚も お楽しみいただけます。
筐体:ステンレスブラスト仕上(ガンメタリック)
ドライバー構成:1BA
インピーダンス:41Ω
感度:109dB
重量:32g
final B2

final B2

B3は、解像感を特に重視したモデルです。
ライブ感のある音源でも楽器の繊細な音を手にとるように、かつやや華やかに聴きたい方や、アニソンやEDMのボーカルをタイトに楽しみたい方などに向いています。
タイトな低域と、クリアで伸びやかなサウンド。
全帯域にわたって解像感が高く、特に鮮やかな高域表現に 優れており、繊細なピアノのタッチや、 ギターのピッキングまで手に取るように聴きとることができ、じっくりと音楽をお楽しみいただけます。
筐体:ステンレスブラスト仕上(フロストシルバー)
ドライバー構成:2BA(ネットワークレス)
インピーダンス:19Ω
感度:102dB
重量:36gfinal B3

final B3

B1 / B2 / B3 共通の特徴は、以下の通りです。

・カスタマイズしたかのような装着感
イヤホンの装着感が優れているか否かは、圧迫感で決まります。人間工学を謳い有機的な曲面を設けて、どこかが耳に接すれば良いとする形状は、圧迫による保持となり、時間が経つにつれて疲労が蓄積します。装着に圧迫感が無ければ、これほどイヤホンの装着は快適なのかと感じられる、まるでカスタマイズイヤホンであるかのように優れた装着感が得られます。
final_B1

・長期的な使用のための、修理可能な構造
本体は特殊工具を用いての分解が可能です。修理が容易で、長期間お使いいただく事を考慮した設計となっております。

・MIM(Metal Injection Molding)によるステンレス筐体
MIMとは、金属微粉末とバインダーを混ぜ、樹脂のように金型で成形した後、高温で焼結し、形状を整える方法です。樹脂の成形品と同様に形状の自由度は高く、金属でありながら複雑な形状の内部設計が可能です。
final_B2

・final独自仕様のオリジナルドライバー搭載
・MMCXシルバーコートケーブル標準装備(B2を除く)
・左右軸色違いのオリジナルイヤピース5サイズ付属
・シリコン製キャリーケース付属
・B seriesオリジナルパッケージ
final_B3

final B1 / B2 / B3 各モデルは2019年6月28日(金)発売。フジヤエービックでは本日6月14日予約受付を開始いたします。

final B1 (FI-B1BDSSD) フジヤ価格69,800円
final B1 (FI-B1BDSSD)

 

final B2 (FI-B2BSSD) フジヤ価格29,800円
final B2 (FI-B2BSSD)

 

final B3 (FI-B3B2SSD) フジヤ価格49,800円
final B3 (FI-B3B2SSD)

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事