このエントリーをはてなブックマークに追加

フジヤエービック、米Campfire Audio新モデル “IO” “POLARIS II”(6/27発売) の予約受付を開始。

Campfire Audio IO / POLARIS II

春のヘッドフォン祭2019(4/27,28開催)でも初公開からちょうど2か月、ヘッドフォン祭会場で人気を博したあのイヤホン2モデルがついに発売となります!

Campfire Audio IO(アイオー)  CAMPFIRE AUDIO IO

Campfire Audio のどのイヤホンよりも歴代のどのモデルよりも個性的な音を追求し、これまた歴代最多の試作、 試聴を繰り返し誕生したというこのモデル。刺激的で、 洗練されたサウンドを奏でてくれます。

Campfire Audio IO 概要:

・IOの筐体には、ガーネット ・ レッド色 のアルマイト加工処理を施したアルミニウムに  24金メッキのスクリューを採用し、 ノズル部には高品質なステンレススティールを採用しました。

IO_006

・IO では、 土台として特大のウーファー向けバランスド ・ アーマチュア型ドライバー(BA 型)を採用し、 この BA 型ドライバーに対して素晴らしい相乗効果が得られる小型のツィーター向け BA 型ドライバーを組み合わせています。 加えて、 Campfire Audio の独自技術である 「Tuned Acoustic Expansion Chamber(T.A.E.C.)」 を採用したことで、 非常に自然な高域特性を実現しています。以下、Campfire Audioの主張:
「私たち Campfire Audio にとって 「ドライバーの数」 というのは、 採用するドライバーをしっかりと見極め、それを適切に実装することに比べ、 設計上、 それほど重要なことではありません。 複数のドライバーを同時に使用することによるドライバー同士の相乗効果と厳選された 1 つのドライバーを使用することは、 似たような結果が得られます。 私たち Campfire Audio の設計理念 「Less is More(最小で以って、最大限の成果を生み出す)」 を忠実に守ることを念頭に置き、この IO でもより最小限の高品質なコンポーネントを使用し、 より音楽的なプレゼンテーションを実現しています。」
IO_001

・MMCX 端子は新しく再設計した、 ラウンド型のベリリウム銅加工 MMCX 端子を採用しています。

・新しくデザインされた 「Litz Wire Earphone Cable」 は、上級機ANDROMEDAにも採用されたケーブル。 スタイリッシュなスモーキーカラーのャケット、縺れにくくなるツイストデザインで仕上げてあり毎日使用していてもストレスを感じにくいものです。
IO_004

新しいプレミアムレザー ・ ジッパーケースは、 Campfire Audio のイヤホンをより安全に持ち運びできるよう、 細部にまでこだわって作られています。 裏地にはウールを使用し、 クッション性のある裏地がイヤホンの筐体を保護してくれます。 このプレミアムレザー ・ ジッパーケースはCampfire Audio の職人魂を深く理解している、 ポルトガルの小さな工房で作られています。
IO_005

ドライバー︓バランスド ・ アーマチュア型(BA 型)
ドライバー数︓2 ドライバー
ドライバー構成︓Low x 1, High x 1
採用技術︓Tuned Acoustic Expansion Chamber (T.A.E.C.)
周波数特性︓5Hz – 22kHz
感度︓109 dB SPL/mW
インピーダンス︓26Ω(at 1kHz)
ケーブル導体︓銀メッキ銅導体
ケーブル長︓約 120cm
イヤホン端子︓ベリリウム銅加工された MMCX 端子
Campfire Audio IO

さらにもう一機種、こちらは人気モデルをさらに進化させての登場となります。

Campfire Audio POLARIS II
(ポラリスツー)
POLARIS2_image01  

人気モデル”POLARIS” の第二世代として登場するPOLARIS ll(ポラリス 2)は、 従来機 「POLARIS」 を次世代モデルとしてブラッシュアップさせ完成させた、 まったく新しい POLARIS です。比較的新しい音楽、 例えば EDM などととても相性が良く、 強烈でインパクトの強い低域や広々とした中高音が新しいリスニング体験を届けます。

Campfire Audio POLARIS II 概要:

・POLARIS IIの筐体には、 セルリアンブルー(紺碧)のアルマイト加工処理アルミニウムにブラックカラーの PVD コーティング・スクリューを採用し、ノズル部には高品質なブラックカラーのステンレススティールを採用しました。
Campfire Audio POLARIS II

・ドライバーに音導管(サウンドチューブ)を使用しない独自の音響設計技術 「Tuned Acoustic Expansion Chamber(T.A.E.C)」 を採用し、 高周波域のレスポンスを向上。 バランスドアーマチュア型ドライバーが本来持つ周波数特性をより正確に再現します。Campfire Audio の独自技術 「Polarity Tuned Chamber」 は、 ダイナミック型ドライバーをスピーカーで例えるところの 「キャビネット」 のように機能するチャンバー(空気室)に配置することで、 これまで以上にドライバーの音響特性を正確に制御し、 ドライバー本来のパフォーマンスを引き出す為の技術です。
POLARIS ll では新たに採用した 9.2mm のダイナミック型ドライバーに対し、 「Polarity TunedChamber」 を採用し、 雄大な低域を生み出しています。
Campfire Audio POLARIS II

・MMCX 端子は新しく再設計した、 ラウンド型のベリリウム銅加工MMCX 端子を採用しています。

・新しくデザインされた 「Litz Wire Earphone Cable」 は、 スタイリッシュなスモーキーカラーのジャケットに仕上げたことで、 イヤホンの本体のデザインを引き立ててくれます。 イヤーガイドの部分はワイヤー(針金)から、 熱処理で癖をつけた新しいイヤーガイドに変わり、 これにより軽量化も図りました。 ケーブルの編み方は、 縺れにくくなるツイストデザインで仕上げ、 毎日使用していてもストレスを感じにくい、 新しい 「Litz Wire Earphone Cable」 へブラッシュアップしました。
POLARIS2_004

・Campfire Audio の新しいプレミアムレザー ・ ジッパーケースは、 Campfire Audio のイヤホンをより安全に持ち運びできるよう、 細部にまでこだわって作られています。 裏地にはウールを使用し、 クッション性のある裏地がイヤホンの筐体を保護してくれます。 このプレミアムレザー ・ ジッパーケースは、 私たちCampfire Audio の職人魂を深く理解している、 ポルトガルの小さな工房で作られています。
Campfire Audio POLARIS II

ドライバー︓ハイブリッド型(BA 型)
ドライバー数︓2 ドライバー
ドライバー構成︓Low x 1(9.2mm ダイナミック型ドライバー), High x 1
採用技術︓Tuned Acoustic Expansion Chamber (T.A.E.C.)
Polarity Tuned Chamber
周波数特性︓5Hz – 20kHz
感度︓105 dB SPL/mW
インピーダンス︓17Ω(at 1kHz)
ケーブル導体︓銀メッキ銅導体
ケーブル長︓約 120cm
イヤホン端子︓ベリリウム銅加工された MMCX 端子
Campfire Audio POLARIS II

両モデルとも春のヘッドフォン祭2019会場では試聴希望の長蛇の列が出来ていました。もちろんヘッドフォン祭アワード2019春においても、部門賞金賞に選出されています。(ヘッドフォン祭出展時には”POLARIS 2019″という名前でした)
ヘッドフォン祭アワード2019春ヘッドフォン祭アワード2019春
部門賞のクラスを見て頂いてもお解りの通り、高額製品が多いキャンプファイヤーオーディオの製品の中では比較的お求めやすい価格レンジであることも、支持が多かった理由の一つです。

両モデルとも発売は2019年6月27日(木)。フジヤエービックでは本日よりご予約受付を開始、またフジヤエービックにとって節目の日となる6月21日(金)より発売前先行試聴用デモ機の店頭配備を実施いたします。

Campfire Audio IO【CAM-5324】フジヤ価格36,612円
IO_002

Campfire Audio POLARIS II【CAM-5317】】フジヤ価格64,368円
POLARIS2_001

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事