このエントリーをはてなブックマークに追加

【リケーブルの定番が】ブリスオーディオより”STR7-Rh2+”登場。定番ケーブルが、さらに進化!【新しく】

BRISE AUDIO STR7-Rh2+

BRISE AUDIO(ブリスオーディオ)は、春のヘッドフォン祭2016での初出展でオーディオファイルにも広くその名を知られ、わずか3年でリケーブル会に確固たる地位を築き上げた日本のメーカーです。群馬県の本社を訪問した際の記事がコチラ
BriseAudio_logo

最近では海外進出も果たし、アジアのポータブルオーディオ展示会などにも積極的に出品され、益々評価を高めています。

そのブリスオーディオのミドルレンジに当たるケーブル”STR7″シリーズは多少お高めながらイヤホン・ヘッドホンの音質を改善できうるケーブルとして定評のあるモデル。今回さらなるアップグレードを施されて2019年7月25日(木)より発売開始されます。

BRISE AUDIO STR7-Rh2+

BRISE AUDIO STR7-Rh2+

BRISE AUDIO STR7-Rh2+ 概要と進化点:

STR7-Rh2+は前作UPG001Rh+のエッセンスを引き継ぎ、大幅に完成度を高めたモデルです。
ブリスオーディオのリファレンス系モデルと双璧を成す、定番ハイグレードモデルとして開発しました。元素記号Rhの「ロジウム」メッキを施した自社開発プラグを多用。
特に相性が良い音源としては、打ち込み系、テクノ系、アニメソング系、ポップス系などで、現代音楽に合うようキレのある音作りしております。
BRISE AUDIO STR7-Rh2+

STR7-Rh2+は定評のある弊社オリジナルのケーブルSTR7(Spiral77構造)を採用し、当製品で初採用となる、下記新開発のオリジナルコネクタを採用しました。
MMCXコネクタ:センターピンをロジウムメッキ処理し、金属素材・樹脂素材共に高音質設計を施した特別モデル。
2pinコネクタ:2本のピンをロジウムメッキ処理し、金属素材・樹脂素材ともに高音質設計を施した特別モデル。
更に、採用の4.4mm、2.5mm、3.5mm端子についてはロジウムメッキを施した高品質なプラグを採用しています。
BRISE AUDIO STR7-Rh2+
その他、7層からなる遮蔽シールドを部分的に配置、振動対策、CNT(カーボンナノチューブ)を適切な箇所に施工することで音作りをしています。

フジヤエービックでは本日より、このSTR7-Rh2+(受注生産)のご予約受付を開始致しました。アンプ側端子/イヤホン側端子をお選びください。

BRISE AUDIO  STR7-Rh2+ 各種 フジヤ価格59,400円
BRISE AUDIO STR7-Rh2+

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事