このエントリーをはてなブックマークに追加

【ポタフェス】新製品も見た聴いた、既に「秋」への風が吹き始めていた?この夏!

TAGO STUDIO T3-02

みなさんこんにちわ!

今日は、秋葉原のベルサールでe☆イヤホンさん主催の「ポタフェス2019夏」が開催されていますので、毎度のごとくフジヤスタッフが潜入し、面白かったり気になる品を適当にピックアップしていきます!

まずはこちらからご紹介!初出展の深センのメーカー「ダルマオーディオ」さん。
ダルマオーディオ

基本的にはモデルバリエーションはBA+ダイナミックのハイブリッドとダイナミック一発、ケーブルグレードが2,3あってその組み合わせになるとのこと。

ダルマオーディオ ダルマオーディオ

秋には日本で販売したい、というお話でしたので、どこかしっかりしたディストリビューターさんが付くことを期待&秋のヘッドフォン祭にも出てもらいたい!(笑)

ダルマオーディオ

肝心の音ですが、このレッドとブルーのモデルを聴かせてもらいました。なかなかのクオリティですよコレ!ボディ仕上げはもっと良くして日本へ持ってくるそうです、期待したいですね。
ダルマオーディオ

続いては、七福神商事さんの扱いでヘッドフォン祭やポタ研でも出展して頂いているTANCHJIM(タンジジム)。今さら?と思ったら今回は
DSC00667

このTANCHJIM製品のプロダクト・パッケージからメインビジュアルのアニメキャラまで全てのデザインを担当している方が来日。
TANCHJIM

めっちゃ若いじゃないですか!
DSC00671 DSC00668

聞けば大学を出て間もないのだそうで、そんな人がトータルデザインを担当することにも、また隅々まで光るデザインセンスの良さにも驚きました。彼女さん?も来てましたが、キャラはこの人がモチーフになったんですかね?

DSC00675

次も七福神商事さんで扱うケーブルメーカー「FAN Acoustics」

FAN Acoustics FAN Acoustics

春のヘッドフォン祭2019にも出展して頂いたのですが、その時はこのトランクは無かったそうで、失礼ながらあまり目立ちませんでした。が!
FAN Acoustics

このメーカーを率いる張さんという方は中国のリケーブル業界に名をとどかせる、第一人者とのこと。これまた失礼いたしました!で、

FAN Acoustics

金・銀・パラジウム合金・・・だと!?
FAN Acoustics

お値段も凄いです。そしてこちらは、禁断の!

プラチナーパラジウム合金ケーブル
FAN Acoustics

175,000円なら安い!と思う人いるかも。もちろんもっとお手頃なケーブルもたくさんあり、

こちらの虹色の端子はどうやって作ってるのか聞いてみたら、

「端子を火であぶって、こういう模様を出したんだよ!」おみそれしました。

FAN Acoustics

こちらはHIFIMANの完全ワイヤレスイヤホン。あのハイファイマンもトゥルーワイヤレス出す時代なんですね・・・ライティングがミステリアス?8月下旬には発売予定とのこと。
HIFIMAN HIFIMAN

こちらはCOLORFLY U6 / U8のデモ。聴いてる人、多かった!
COLORFLY U6

これも新型DAPのQuestyle QPM。参考出品。Questyle QPM

S’NEXTブースは混んでました、原因の一つがこれ。EARSONICS 小岩井ことり/平山笑美 ステージング仕様カスタムIEM展示。
EARSONICS 小岩井ことり/平山笑美 ステージング仕様カスタムIEM

ミックスウェーブブースでは、FAUDIO PROJECT Yのシルバーモデルも見せてもらいましたが、ゴールドのほうが好評なので、どうもそっちを出すことにするような・・・となると、これは幻のモデルに?
MIXWAVE

ミックスウェーブM氏が掛けているケーブルはいったい何だ?
MIXWAVE

今回試聴の列が続いていたのが、発表されたばかりのTAGO STUDIO T3-02!端子はちょっと特殊なもの、発表・発売は秋の予定、という事は秋のヘッドフォン祭2019には・・・どうぞお楽しみに!
TAGO STUDIO T3-02

こちらはAZLA初の2BAイヤホン、AZLA ZWEI(ツヴァイ)!
AZLA ZWEI

そしてAstell&Kern AK T9iEも、登場しました。
Astell&Kern AK T9iE

筐体が本当にちっちゃくて、ケーブルが極太に見えるという・・・仕上げも美しく、女性につけてもらいたいモデルですね。音もさすが。
Astell&Kern AK T9iE

こちらは発表されたばかりのRHA T20 Wireless。これはオススメモデルですよ。

RHA T20 Wireless

エミライで取り扱う、HORN-SHAPED TIPS スペアイヤチップ

DSC00710

オーディオテクニカの新ゲーミングヘッドセットは、この開放型のATH-PDG1aが密閉型よりカッコいい!し、音もいい感じでした。
ATH-PDG1a

こちらも新製品のAudio-Technic ATH-CKS5TW。SOLID BASSシリーズだけに低音マニア必聴の完全ワイヤレスイヤホンです。
Audio-Technic ATH-CKS5TW

ポタ研にも出ていた、あのサーモスの作るワイヤレススピーカー VECLOS SPW500WP
DSC00730

ローランドでは、久々のV-MODA / AUDIOFLYの新作が公開に。

Roland

これはちょっと、お父さん涙モノの80年代的ヘッドホン。意匠権は大丈夫なんでしょうか、ちょっと心配に。

DSC00728

で、今回あまり人が集まっていないのですが、ちょっと面白かったクアルコムブース。

QUALCOMMQUALCOMM

5000番台という新型SoCによる、aptX LL / aptX Adaptiveのデモは、御覧の通り開発用ボードの基盤をむき出しにしてのポタ研風?展示。このaptX Adaptiveを実装したモデルは今年秋頃から多数出てくるそうで、これまた秋が楽しみになってきました。

QUALCOMM

何も情報が無かったので、一番驚いたこの展示。Dolby ATOMOSをヘッドホン用に変換し、ワイヤレス転送&ノイズキャンセリングを入れたヘッドホン。

DOLBY HEADPHONES

これ、アメリカではドルビー社のヘッドホンシステムとしてDolby Dimension Wireless Bluetooth Headphones Over Ear with Active Noise Cancellationというモデル名(長い)で販売しているんです!国内発売はいつになるのか?と聞いたら「まだ未定ですが、早く導入したいですね」とのこと。これも秋・・・なのかな?

まごうことなき、DOLBYマーク。Dolby Dimension

DOLBY HEADPHONES

・・・ということで、既に「秋」の予感をはらんだいくつかの展示がされていた、ポタフェス2019夏でした!

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事