【比較チェック】Oriolus ブランド初の Bluetooth レシーバー “Oriolus1795″ の特色と長所は何?

【比較チェック】Oriolus ブランド初の Bluetooth レシーバー “Oriolus1795″ の特色と長所は何?

【比較チェック】Oriolus ブランド初の Bluetooth レシーバー “Oriolus1795″ の特色と長所は何?

来る2019年12月13日(金)より発売となる、Oriolus(オリオラス) ブランド初の ハイレゾ級ワイヤレスBluetooth レシーバー

Oriolus1795
【比較チェック】Oriolus ブランド初の Bluetooth レシーバー “Oriolus1795″ の特色と長所は何?

秋のヘッドフォン祭2019でも出展されていた、同じような機能を持った製品としては

Fiio BTR5【比較チェック】Oriolus ブランド初の Bluetooth レシーバー “Oriolus1795″ の特色と長所は何?

SHANLING UP4【比較チェック】Oriolus ブランド初の Bluetooth レシーバー “Oriolus1795″ の特色と長所は何?

などがありますが、簡単にスペック比較をしてみましょう。

Oriolus1795 / BTR5 / UP4 比較

DACチップ:PCM1795(1795:名前の由来)ES9218P Dual(BTR5/UIP4)
Bluetoothチップ:3モデルともCSR8075,Bluetooth5.0,NFC対応
【比較チェック】Oriolus ブランド初の Bluetooth レシーバー “Oriolus1795″ の特色と長所は何?
バランス出力:4.4mm5極(1795) 2.5mm4極(BTR5/UP4)
対応高音質コーデック:3モデルともaptX HD / LDAC/ HWA(LHDC)
出力レベル:
1795: 150mW@32Ω(3.5mm)  220mW@32Ω(4.4mm)
BTR5: 80mW@32Ω(3.5mm) 240mW@32Ω(2.5mm)
UP4: 91mW@32Ω(3.5mm) 160mW@32Ω(2.5mm)
重量とサイズ:
1795: 109g, 95.9×50.7×15.4mm
BTR5: 43.7g, 72x32x11.1mm
UP4:  37g, 60x36x13.5 mm
【比較チェック】Oriolus ブランド初の Bluetooth レシーバー “Oriolus1795″ の特色と長所は何?

・・・というように、ポータビリティに重きを置いたFiioとSHANLING、多少重くても音質にこだわった1795、と言えるでしょう。特に、据置型DACで多くの実績を持つPCM1795 DACチップをポータブルモデルに入れた点は評価できます。その結果高額かつ重く大きくなりましたが、それでもポータブル機としては問題ないレベル。逆にBluetoothチップは定番ともいえるCSR8675を全モデルが採用しており、ハイレゾクラスの主要Bluetoothコーデックにはすべて対応。
こういった点から、LDACに対応し4.4mmバランス端子を装備した1795は「ウォークマン向け」モデルと言えるのではないでしょうか。バランス出力のパワー数値こそFiioが上ですが、3.5mm/4.4mm出力ともかなり強力なアンプとなっています。
【比較チェック】Oriolus ブランド初の Bluetooth レシーバー “Oriolus1795″ の特色と長所は何?

フジヤエービックでは、本日よりOriolus1795の予約受付を開始致します。

Oriolus1795 フジヤ価格33,000円
【比較チェック】Oriolus ブランド初の Bluetooth レシーバー “Oriolus1795″ の特色と長所は何?

【比較チェック】Oriolus ブランド初の Bluetooth レシーバー “Oriolus1795″ の特色と長所は何?

関連する記事