【お知らせ】フジヤエービック、米国の真空管ヘッドホンアンプメーカー”WOO AUDIO”製品の本格受注を開始。

【お知らせ】フジヤエービック、米国の真空管ヘッドホンアンプメーカー”WOO AUDIO”製品の本格受注を開始。

【お知らせ】フジヤエービック、米国の真空管ヘッドホンアンプメーカー”WOO AUDIO”製品の本格受注を開始。

昨年初夏に取扱を開始した、“WA33″ヘッドホンアンプでご存じの方もいらっしゃるでしょう、

アメリカ・ニューヨークのロングアイランド島、まさにNYの中心区画に本社を置く、真空管ヘッドホンアンプの専業メーカー

WOO AUDIO (ウー・オーディオ)
【お知らせ】フジヤエービック、米国の真空管ヘッドホンアンプメーカー”WOO AUDIO”製品の本格受注を開始。

いよいよフジヤエービックが、日本国内での正式取扱を開始致します!
その数、なんと12モデル。

Woo Audio –
Fine audio electronics designer and manufacturer.

「2004年に設立されたWoo Audioの使命は、最も要求の厳しいオーディオ愛好家の欲求を満たし、リスナーの目と耳の両方を喜ばせることでした。」

「Woo Audioの各アンプには、30ステップの標準化された作業手順が含まれており、品質保証に合格するために、最低8時間のストレステストが行われます。 製造コストを削減するために、ビルド品質については妥協を拒否します。 すべてのWoo Audio製品は最高の部品を使用して、優れたサウンドと信頼性を確保しています。」

「Woo Audioは、リスニングエクスペリエンスを継続的に強化することを約束しており、まったく新しいサウンドの世界を紹介できることを期待しています。」

それではWoo Audio ヘッドホンアンプの各モデルをご紹介!

Woo Audio WA6 (2nd Gen) 
【お知らせ】フジヤエービック、米国の真空管ヘッドホンアンプメーカー”WOO AUDIO”製品の本格受注を開始。

今回発売のヘッドホンアンプ中、最廉価モデル。とはいっても10万円台の製品ですが、全管設計のシングルエンド三極管(SET)クラスA、トランス結合のヘッドホンアンプ。8〜600Ωのインピーダンスのヘッドホンとインイヤーモニターを余裕で駆動できます。

Woo Audio WA6-SE (2nd Gen)
【お知らせ】フジヤエービック、米国の真空管ヘッドホンアンプメーカー”WOO AUDIO”製品の本格受注を開始。

WA6の音響性能を大幅に向上させるため、独立した専用電源ユニットを備えたモデル。

Woo Audio WA7 Firefiles (2nd Gen)
【お知らせ】フジヤエービック、米国の真空管ヘッドホンアンプメーカー”WOO AUDIO”製品の本格受注を開始。

 

Woo Audioには珍しい、USB DAC内蔵のデジタルヘッドホンアンプ。ESS SABRE DACを搭載し、PCMは24 bit/384kHzまで, 128DSDまで対応。 アナログライン入力も装備し、マルチに使えるヘッドホンアンプです。

Woo Audio WA2
【お知らせ】フジヤエービック、米国の真空管ヘッドホンアンプメーカー”WOO AUDIO”製品の本格受注を開始。

特に100Ω以上のハイインピーダンスクラスヘッドホンを鳴らしきるため高性能OTL(出力トランスレス)設計としたハイグレードヘッドフォンアンプです。もちろんクラスA、シングルエンド三極管(SET)。

Woo Audio GES Silver
【お知らせ】フジヤエービック、米国の真空管ヘッドホンアンプメーカー”WOO AUDIO”製品の本格受注を開始。

Woo Audio GESはいわゆるスタックスタイプ、外部バイアス電圧タイプの5ピン端子ヘッドホン用のアンプ。このタイプのコンポサイズアンプとしては比較的安価な部類に入ります。

Woo Audio WA22 (2nd Gen)

【お知らせ】フジヤエービック、米国の真空管ヘッドホンアンプメーカー”WOO AUDIO”製品の本格受注を開始。

 

WA22の第2世代は、Hi-Fiシステムで使用するための音響性能とプリアンプ機能を改善。入力から出力まで完全バランスドライブを達成しています。3pin XLRx2 / 4pin STEREO XLR の2つのバランスヘッドホン主R津力を装備、もちろん入力もバランス/アンバランスどちらでも。

Woo Audio WA5-LE (2nd Gen)
【お知らせ】フジヤエービック、米国の真空管ヘッドホンアンプメーカー”WOO AUDIO”製品の本格受注を開始。

WA5-LE(Lite Edition)は、シングルエンド三極管(SET)、クラスA真空管アンプです。高く評価されているWA5との違いは、専用のヘッドフォンアンプであり、スピーカーの駆動には使用できないことだけです。完全バランス対応、バランスヘッドホン出力は4pin STEREO XLR。

Woo Audio WES (2nd Gen)
【お知らせ】フジヤエービック、米国の真空管ヘッドホンアンプメーカー”WOO AUDIO”製品の本格受注を開始。

別筐体電源、フルバランス構成と、まさに静電型ヘッドホンの能力を引き出すためのハイグレードヘッドホンアンプ。

Woo Audio WA5 (2nd Gen)
【お知らせ】フジヤエービック、米国の真空管ヘッドホンアンプメーカー”WOO AUDIO”製品の本格受注を開始。

上記LEモデルにスピーカー出力を備えたモデル。これ1台で、ヘッドホンもスピーカーも十分にならすことができ、コンポの中核として活躍します。

Woo Audio WES (2nd Gen)

【お知らせ】フジヤエービック、米国の真空管ヘッドホンアンプメーカー”WOO AUDIO”製品の本格受注を開始。

WOO Audio 静電型ヘッドホンアンプの最高峰。繊細な音質を極限まで引き出して鳴らせます。

Woo Audio WA234-MONO
【お知らせ】フジヤエービック、米国の真空管ヘッドホンアンプメーカー”WOO AUDIO”製品の本格受注を開始。

Woo AudioのフラッグシップモデルたるWA234-Monoは究極のSET(シングルエンド三極管)モノラルアンプです。WA 234のユニークなデザインにより、300B、2A3、45の三極管などのチューブを使用できます。チューブの選択は、最高レベルの透明性と音楽性を提供します。WA234-Monoを使用すると、これまでにない音楽を体験できます。これで、任意のヘッドフォンと多くの高効率スピーカーを使用できます。一般的な真空管アンプでは1種類のパワーチューブ(または同様の定格の代替品)のみを使用できますが、234-MONOはオプションをエレガントな方法で増やします。チューブスイッチングキー(TSK)により、アンプは2A3、300B、または45本のパワーチューブを受け入れることができるため、音楽や気分に合わせてチューブを瞬時に切り替えることができます。

Woo Audio WA11 Topaz (Standard Package)


【お知らせ】フジヤエービック、米国の真空管ヘッドホンアンプメーカー”WOO AUDIO”製品の本格受注を開始。

今回唯一のポータブルヘッドホンアンプ、しかもWoo Audioハイクラス製品の特長である完全バランスドライブを実現するため、アナログは入出力とも4.4mm5極端子を装備。さらに6.3mm標準ヘッドホン端子も装備し、入インピーダンスヘッドホンも難なく鳴らします。そしてESS SABRE DACチップを搭載し、USB DACデジタルヘッドホンアンプとしても動作。PCMは24 bit/384kHzまで, 128DSDまで対応。最新のUSB-C端子を採用、データ用と充電用の各ポートを持ちます。
【お知らせ】フジヤエービック、米国の真空管ヘッドホンアンプメーカー”WOO AUDIO”製品の本格受注を開始。【お知らせ】フジヤエービック、米国の真空管ヘッドホンアンプメーカー”WOO AUDIO”製品の本格受注を開始。

WA11 TOPAZを除く全モデルにシルバー・ブラックの2色を用意。

Woo Audioの各モデルは受注生産となります。詳しくはこちらから

 

【お知らせ】フジヤエービック、米国の真空管ヘッドホンアンプメーカー”WOO AUDIO”製品の本格受注を開始。

関連する記事