動画のエキスパートと静止画のエキスパートがタッグ。「ビデオサロン」2020/3月号記事と、今年の夏の終わり頃のお話。

動画のエキスパートと静止画のエキスパートがタッグ。「ビデオサロン」2020/3月号記事と、今年の夏の終わり頃のお話。

動画のエキスパートと静止画のエキスパートがタッグ。「ビデオサロン」2020/3月号記事と、今年の夏の終わり頃のお話。

VIDEO SALON(ビデオサロン)

フジヤエービックがスタートした30年以上前から、以前は長年にわたり広告を出させて頂いたご縁もあり、今も色々とお世話になっております。

現在発売中の「月刊ビデオSALON 2020年3月号」掲載の記事が「ビデオサロンWeb」にも掲載されましたので、ご紹介いたします!

「動画制作」を成功に導く機材導入術 ~「機材目線」対談 “賢い機材購入、教えてください”コンプリート版(前篇)

“2020年3月号特集【「写真」から「動画」へ】の中で、機材導入についてお話いただいた二人=「フジヤカメラ店 北原弘明」と、「フジヤエービック 鶴田大輔」(本誌ではP.56~57)の対談をさらに詳しくご紹介。動画を撮るための機材について深い知識や情報を得られます。また同特集では機材のみならず「動画撮影」で知っておきたい知識や考え方がたくさん載っていますので、ぜひ本誌とあわせてお読みください。”

動画のエキスパートと静止画のエキスパートがタッグ。「ビデオサロン」2020/3月号記事と、今年の夏の終わり頃のお話。

©玄光社・ビデオサロン

動画のエキスパートと静止画のエキスパートがタッグ。「ビデオサロン」2020/3月号記事と、今年の夏の終わり頃のお話。

©玄光社・ビデオサロン

共にフジヤが誇る「専門店の社員さん」。二人とも今はお店の外での仕事が多くなっているため店舗にはなかなか現れなくなっています(「ご指名」の方、申し訳ございません!)が、その実経験に裏打ちされた豊富な知識量の多さ、ベテランならではのお客様のニーズを的確につかんで良い物をお勧めする接客スキルは弊社の中でもトップクラス。

二人がビデオサロンさんの質問に答える、「賢い機材購入、教えてください」

動画のエキスパートと静止画のエキスパートがタッグ。「ビデオサロン」2020/3月号記事と、今年の夏の終わり頃のお話。

©玄光社・ビデオサロン

まずは前編が本日公開されました、ビデオサロン既にご購入頂いた方も、ぜひご覧ください!記事はこちらです。そして後編も、近日ビデオサロンwebにて公開予定です。

動画のエキスパートと静止画のエキスパートがタッグ。「ビデオサロン」2020/3月号記事と、今年の夏の終わり頃のお話。

©玄光社・ビデオサロン

そして、昨年6月の「株式会社フジヤカメラ店と株式会社フジヤエービックの合併について」リリースでも触れました通り、リリース記載の時期より少し遅くなりますが、今年2020年の夏の終わりころを目途に、フジヤカメラとフジヤエービックの映像(動画)部門が合流して一つの店舗となり、国内では恐らく過去例のない「撮影(静止画・動画)どちらでも専門店」を開店する予定です。

あと半年。どうぞお楽しみに! 

 

 

動画のエキスパートと静止画のエキスパートがタッグ。「ビデオサロン」2020/3月号記事と、今年の夏の終わり頃のお話。

関連する記事