Audio-Technica ATH-ANC300TW

Audio-Technica ATH-ANC300TW オーディオテクニカの新世代「全部入り」TWSが発売されます!

Audio-Technica ATH-ANC300TW

最初のつまずきで少し出遅れた感のあった、完全ワイヤレスイヤホンの激戦区へ。オーディオテクニカが捲土重来を期して送り出す、新しいフェーズのTWSがこちらになります!

Audio-Technica ATH-ANC300TW

Audio-Technica ATH-ANC300TW

最新のBluetooth Ver.5.0に対応、左右独立伝送により音切れしにくく、快適なリスニングを実現する“Qualcomm TrueWireless Stereo Plus”対応となり、接続性能面ではもうそん色なし。aptX audio、AAC、SBCのコーデックに対応。さらに、ダイナミック型ドライバーの使いこなしと実績においては長い経験と豊富な技術蓄積を持つオーディオテクニカ、ユニットそのものも

DLC(Diamond Like Carbon)コーティング振動板
Audio-Technica ATH-ANC300TW

を採用し、高域特性を向上した専用設計5.8mm径ドライバーユニットを搭載。さらにヘッドホン内部の体積を最適化しつつ、音導管上に超小型マイクロホンを配置することで、完全ワイヤレスイヤほ本体の限られたスペースの中でも音の伝送効率とノイズキャンセル効果を最大限に高めています。

そのノイズキャンセリング機構は、ユニット内の2つのマイクロホン(ハウジング後部に備えられた「フィードフォワードマイク」と、耳に近い音導管内に配置された「フィードバックマイク」)が周りの環境ノイズを拾い、高精度のノイズキャンセリングプロセッサーに伝送する「QUIETPOINT® ハイブリッド デジタルノイズキャンセリング技術」を導入。

Audio-Technica ATH-ANC300TW

これにパッシブタイプNCを加えた「3つのノイズキャンセリング」を、用意されたスマホ用専用アプリで、その時々のリスニング環境に適したノイズキャンセリング効果を選択することを可能としています。
状況にもよりますが、イヤホン本体:約1時間 / 充電ケース:約2.5時間 でフル充電、連続約4.5時間、最大約18時間の再生(充電ケース併用時)を実現しています。

の発売は、2020年5月29日(金)。節目の6月からは、少しづつ家こもりから屋外へ。そんな時期に、最新の完全ワイヤレスイヤホンを。フジヤエービックでは、本日よりATH-ANC300TWの予約受付を開始致します。お持ちの有線・無線イヤホンやヘッドホン、プレーヤーその他のオーディオ製品を下取りに出して差額でお求め頂けます、またフジヤエービックでお求めの場合、6月末まではキャッシュレス決済5%還元対象となります。
Audio-Technica ATH-ANC300TW

Audio-Technica ATH-ANC300TW フジヤ価格27,280円
Audio-Technica ATH-ANC300TWAudio-Technica ATH-ANC300TW

Audio-Technica ATH-ANC300TW

関連する記事