このエントリーをはてなブックマークに追加

バランス駆動のヘッドホンの仕組みと特徴

バランス駆動のヘッドホンの仕組みと特徴

近年のハイエンドオーディオ市場で盛り上がっているのが、バランス駆動ヘッドホン・イヤホン。そのバランス駆動ヘッドホン・イヤホンの魅力と、注意するべきポイントをご紹介していきます。

バランス駆動とは何なのか

そもそもこの「バランス駆動」とは何なのか?簡単にご説明しましょう。

ヘッドホンの基本的な仕組み

ヘッドホンでは左右それぞれで、プラスとマイナスの信号を扱っているので、L(+)、L(-)、R(+)、R(-) 合計4本のチャンネルが存在します。スピーカーを接続する時を思い出してみると、解りやすいと思います。

「シングルエンド駆動」と呼ばれる一般的なヘッドホンでは、このうち左右のマイナス信号を、ヘッドホン内でグラウンドと共通化する仕組みになっているのが特徴です。

そのため接続する端子はL(+)、R(+)、L+R(-)の3極(3つの接点がある)となり、一般的なヘッドホン、イヤホン端子がこれに該当します。端子が一つ減る事で製造時に様々な面で有利になり、コストダウンの実現や量産化が容易になるというようなメリットが生まれます。

バランス接続における各チャンネルの接続方法

シングルエンド駆動では、左右のプラスの信号 L(+)、R(+) がアンプに接続されていますが、4本全てのチャンネルがそれぞれセパレートされた状態でアンプに接続されているのが、今回の主役となる「バランス駆動」です。

したがって、接続する端子は4極(4つの接点)または3極×2系統となり、この接続方法が、バランス駆動ヘッドホンの魅力の秘密に深く関わってくるのです。

バランス駆動ヘッドホンのメリット

バランス駆動ヘッドホンに、具体的にどのようなメリットがあるのか、詳しくご紹介していきます。

スルーレートが向上しキメ細かな音に

バランス駆動ヘッドホンでは、左右それぞれで正相(プラス)と逆相(マイナス)の2系統がそれぞれのアンプに接続され、分担して信号の増幅を行っています。

それにより、正相のみで増幅を行っているシングルエンド駆動のヘッドホンに比べると、アンプの仕事量が軽くなり、各アンプの出力電圧は約半分にまで低減することが可能です。

このようにアンプに負荷をかけずに動作させることで得られるのが「スルーレートの向上」というメリット。スルーレートとは“応答速度”という意味で、「入力された音声信号に対して、どれだけ遅れなく増幅して出力できるか」ということを指します。

スルーレートが向上することで、音のアタックとリリースの再現性が正確になり、キメ細やかな音を再現することができるのです。

クロストークが低減される

シングルエンド駆動のヘッドホンはお話した通り、左右のマイナス信号がグラウンドと共通化されています。実はそのために、左右の信号が相互干渉してしまう「クロストーク」という現象が起きてしまうことに。

しかし、4チャンネルに分かれたバランス駆動のヘッドホンであれば、この問題が根本的に改善され、本来のステレオ感を生かした、透明感のあるすっきりとした音を楽しむことができるのです。

グラウンドの安定化

ヘッドホンのグラウンド電位は、振幅の基準となる電位です。片側をグラウンド、もう片方をアンプという状態で駆動している通常のヘッドフォンは、この電位に変動が生じるため、ノイズや音の曇りなどが発生することも。

しかし、バランス駆動のヘッドホンでは、構造上グラウンドの電位変動が流れないため、安定した音を楽しむことができます。

バランス駆動ヘッドホンのデメリット

さまざまなメリットがあるバランス駆動ヘッドホンですが、少々気をつけなければいけないポイントもあります。購入前に確認しておきたいポイントをまとめました。

バランス駆動対応の機器が必要になる

実はバランス駆動ヘッドホンを購入しただけでは、その素晴らしい魅力を堪能することはできません。バランス駆動対応のアンプやケーブルなど、周辺機器もキチンと対応品を選ぶ必要があります。

接続端子が統一化されていない

現状では接続端子が統一化されておらず、各メーカーごとにさまざまな規格が入り混じっています。変換ケーブルなどが必要になる場合もありますので、接続端子の規格がヘッドホン側とアンプ側で一致しているか注意しておきましょう。

バランス駆動ヘッドホンに関する豊富なノウハウ

a

フジヤエービックでは、既に2007年頃からヘッドフォンのバランス駆動の優位性を確認するため、各種試聴イベントでのバランス駆動品出展の推進やバランス駆動対応ヘッドホン・イヤホン・ヘッドホンアンプの積極的販売を行なっています。

b

ヘッドホン・イヤホンのバランス駆動やその接続、対応機器などに関するノウハウは国内トップクラスと自他ともに認めうるショップです。バランス駆動に関するご質問などは、お気軽にお寄せ下さい。

c

※画像は2007年11月に開催した試聴会の時のものです。それぞれの詳しい様子は下記記事からご覧ください。

ハイエンドヘッドフォンショウのレポート(2)
今回ショウ出品の品、試聴できます!

おすすめするバランス駆動ヘッドホン5点

バランス駆動ヘッドホンについてご理解いただけたところで、購入を検討したいという方もいらっしゃるのではないでしょうか?いきなりゼロから選ぶのは少々ハードルが高いので、オススメの商品を5点こちらでピックアップしてみました。ヘッドホン購入の参考に、ぜひご活用ください。

SENNHEISER HD650

評価の高かった前機種HD600をベースに、改良を重ねて開発されたのがこのHD650。HD800が発売されるまでゼンハイザーのフラグシップモデルとして、数多くの人気と信頼を獲得してきました。

その完成度の高さは VGP 2015 SUMMER 金賞受賞など、数多くの受賞歴からも伺うことができます。シンプルで堂々とした佇まいはドイツメーカーの質実剛健さを表して大変美しく、所有欲を十分に満たしてくれることでしょう。

繊細かつダイナミックなサウンド再生能力も申し分なく、聴く人を魅了する上品でナチュラルなサウンドを提供してくれます。

DENON AH-D7200

DENONの50周年を代表する、新たな時代のフラグシップモデルとして送り出されたのが、このAH-D7200というモデル。今なお語り継がれる名機であったAH-D7000を発展させるというコンセプトの元に、全てのパーツを再設計して生み出されました。

最大の特徴はフリーエッジ構造50mm径のナノファイバー振動板を採用し、極めて正確かつ低域の量感豊かなサウンドを実現したこと。

さらに、ハウジング部には外観と耐久性に優れる高級木材であるアメリカン・ウォールナットを採用。試作と解析を繰り返した入念なチューニングの結果、クリアで緻密なサウンドを得ることに成功しました。

GRADO GS2000e balanced

GRADO GS2000e balanced は、 GRADO社最高峰のヘッドホンとして世に送り出されました。その最大の特徴が見た目も美しいウッドハウジング。

アウターエンクロージャーにマホガニーを、インナーエンクロージャーにメープルという2種類の木材を組み合わせることにより、最高のサウンドを生み出しています。

そのほかのパーツにも妥協することなくこだわり抜かれており、全てのパーツが最高の音楽体験のために、巧妙に作用し合うよう組み合わされているのです。

SONY MDR-Z1R

ソニーにおける最新で最高峰の技術を、余すところなく注ぎ込んだフラグシップモデルがこの MDR-Z1R。ヘッドホンとしては ”巨大” とも言えるほどの大口径 70mmHDドライバーユニットを搭載し、120kHz の超高音域再生を実現しています。

レゾナンスフリーハウジングにより、通気を最適にコントロールして空間共鳴を排除。密閉型ヘッドホンの弱点ともいえる共鳴を限りなく排除し、ハイレゾ音源に含まれる微小音も楽しむことができます。

音楽を快適に楽しむための装着性にもこだわっており、長時間のリスニングをストレスなく楽しむことが可能です。

Focal UTOPIA

フランスのハイエンドスピーカーメーカーである Focal社。その技術力の粋を集めて開発したのが、このハイエンドヘッドホン UTOPIA。

チタンの5倍の強度を持ちつつ、比重は1/2以下というピュアベリリウムを振動板に採用した、M型ドームの完全オープンバックフルレンジスピーカードライバーを搭載。ヘッドホンをつけていることを忘れてしまうような、ナチュラルで心地よいサウンドを体験することができます。

そのほかにもカーボンファイバー製特殊形状ヨーク、マイクロファブリックラムスキン・レザーなど、ハイレベルな素材を贅沢に使用したプレミアムなヘッドホンとなっています。

バランス駆動ヘッドホンで音楽を楽しみましょう

まだ一般的とはいえないバランス駆動ヘッドホンですが、そのハイエンドなリスニング体験は感動を覚えるほどです。ぜひ一度、体感してみてはいかがでしょうか?

さまざまなメーカーのバランス駆動ヘッドホンを取り扱うフジヤエービックでは、今回ご紹介した5点の商品以外にも、多数のモデルを取り揃えており、クリーニングやメンテナンスもバッチリ。

30年以上中古オーディオ機器を取り扱っている実績がありますので、安心して購入していただけます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年5月16日  by fujiya_contents

関連する記事