このエントリーをはてなブックマークに追加

ヘッドホンのノイズの原因と対策

ヘッドホンのノイズの原因と対策

ヘッドホンのノイズは原因を見極め、しっかりと対策をすれば改善することができます。元凶となるノイズの原因とその対策について、ひとつひとつ丁寧に解説していきます。

ヘッドホンのさまざまなノイズ原因

たとえ小さくてもヘッドホンにノイズがのったままだと、楽しみにしている音楽も集中して聞くことができません。なんとかしたいと思っている方が大半だと思いますが、ノイズの原因はさまざまでひとつとは限りません。

タッチノイズ

ヘッドホンのノイズの原因として最もポピュラーといえるのが、「タッチノイズ」。ヘッドホンのケーブルが着ている服や、髪の毛などの体の一部と接触し、摩擦が起こることによって発生します。

<対策>ケーブルとの摩擦を低減する

このタッチノイズの対策としては、ケーブルを首の後ろに回してケーブルクリップでとめたり、服に直接クリップでケーブルをとめるなどして、ケーブルとの摩擦が起きにくくするという方法が有効です。

問題なのはあくまで“摩擦”なので、はじめから接触しているのは何の問題もありません。また、製品によってはケーブル表面に凹凸を設けて、摩擦を少なくするという方法でタッチノイズ対策を行っているものも存在します。

パソコンなど周辺機器の影響によるノイズ

電子機器は多かれ少なかれ、内部から電磁波などのさまざまなノイズを発しています。特にパソコンは複数のデバイスから構成されているため、「ノイズの宝庫」とも呼ばれるほど。内部パーツが原因となり、ヘッドホンのノイズトラブルもかなり多いです。

<対策1>HDMI端子で接続されたモニタにあるヘッドホン出力を使わない

HDMI端子では映像と音声の両方を出力できるのですが、同時に両方を使用すると音質が低下するという意見もよく聞かれます。ヘッドホン出力をモニタからではなく、パソコン本体から出力することで、ノイズや音質が改善する可能性があります。

<対策2>パソコンに直接つなぐ際は背面に接続する

パソコンは背面の端子の方がヘッドホンノイズが乗りにくくなっています。これはマザーボードの構造上そうなってしまうので、前面の端子に接続していた方は背面の端子に接続するようにしましょう。

<対策3>USBオーディオインターフェースを使う

さまざまな対策を施しても、まだノイズが改善されない場合は、USBオーディオインターフェースを使うという方法を試しましょう。インターフェースを使用してデジタル出力に変換すると、ヘッドホンのノイズを改善できる可能性があります。

<対策4>サウンドカードを交換する

ヘッドホンノイズの原因として一番怪しいのが、ヘッドフォンの差し込み口のあるサウンドカード。もしサウンドカードが原因であれば、交換することによってノイズ対策が可能です。

ノートパソコンではマザーボードに直接搭載されているので交換は不可能ですが、据え置き型のパソコンであればサウンドカードの交換が可能になっています。

ヘッドホンノイズの原因を見極めてクリアな音質を楽しみましょう

ヘッドホンにノイズが乗っても諦めずに、原因をつきとめてしっかりと対策をすれば、クリアな音質で快適に音楽を楽しむことができます。

よりクリアな音質を追求したい方は、フジヤエービックにてお得な中古ヘッドホンを選んでみてはいかがでしょうか?しっかりとしたクリーニングとパーツ交換などでメンテナンスも完璧です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年5月20日  by fujiya_contents

関連する記事