このエントリーをはてなブックマークに追加
v60hd_report_618
2018年5月29日 スイッチャー・カメラマンの山田さんの現場に潜入。
スイッチャー 『Roland V-60HD / V-1HD』 をフル活用したワンマンオペの様子を取材。
一人でカメラ2台の操作と(通常は3台)、そのスイッチング、ロゴ合成及び舞台スクリーンへの画出しまで完璧にこなす。
まさにワンマンオペの妙技であった。
新型スイッチャー 『Roland V-60HD』 の使用感を伺ってみた。
山田氏 :
・Tバーのトルク感がとても良い。
・SDI-OUTx2 、HDMI-OUTx2 、計4つのアウトが使える事がとても便利。(レコーダー/プロジェクター/他など)
・音のエンベデッドが楽。

今回の現場は、アイドルグループ「萌えこれ学園」さんのステージ。
LIVE@初台Doors
山田さんは、萌えこれ学園のレギュラーイベント(月3回)を3年間撮り続けていると言う。

現在、先生1人と生徒11人合わせて12人で本気で武道館単独公演を目指しているアイドルグループ。
2015年10月、 2016年10月、2017年10月、2018年3月毎年赤坂BLITZ 単独公演を開催
2017年より始まったGoto武道館企画がついにFinal stageへ
次回は中野サンプラザでの公演が決定!
http://moecore.com/

左右にあるカメラ、三脚、そのパン棒にはズームリモート。 片手でカメラの操作をして、もう片手でスイッチャー。
音やレコーダーの管理から、ステージスクリーン画出しの操作まで。一人で3~5人分のオペをこなす。


ちなみに2階席にも引き画用のカメラが1台置かれていた。
この日は特別にお仲間のカメラマン(株式会社ビデオウォークの渡部さん)が入られてステージ下・手持ちカメラを担当していた。

■ こちらがオペの様子及び実際にRECされた映像のMIX

山田 竜(りょう)さん
福岡市出身
東京都稲城市在住

琉球大学の時にお芝居とNHK沖縄で放送機材に出会う
関東にてイベント記録などの撮影からスイッチングを学ぶ
ライブ収録の仕事をしたいと願っている中萌えこれ学園と出会う
月に3度の定期公演で3カメスイッチング撮影
最近はパワーポイントで映像出しも挑戦中
得意な事はやはりスイッチャーであり、夢も日本武道館、東京ドームのような現場でスイッチャーをやる事だと言う。(もちろん、萌えこれ学園のLIVEで!)

Facebook /cp_archery
Twitter @cp_archery
mail gekkov@gmail.com

制作:株式会社フジヤエービック
http://www.fujiya-avic.jp
レポート:フジヤエービック パート2 長谷川
このエントリーをはてなブックマークに追加