キャッシュレス・消費者還元事業

商品カテゴリ

USED

中古商品はこちら

OUTLET

B級特価品・在庫処分品はこちら

NEW ARRIVAL

新商品・予約商品はこちら

5点まとめ売りで5%UP! 法人窓口 ヤフオク!フジヤエービックストア開催中! A.PRODUCTION / A.プロダクション
ホーム > 【新品】オーディオ/AV > DAコンバーター(USB DAC) > TEAC > TEAC UD-505(S)シルバー

TEAC UD-505(S)シルバー

カラー: シルバー
下取交換でキャッシュバック!
■下取交換で表示価格から5,000円引き!
※ご注文フォーム内「その他お問合せ」欄に
「下取交換を利用する」ならびに、
買取依頼品の「メーカー型番」をご記入下さい。

●下取り交換について詳しくはこちら >>
space
商品名 TEAC UD-505(S)シルバー
商品コード DS152917
販売価格 159,840 円(税込)
発送日目安 在庫有:15時までにご注文を頂ければ
本日中の発送が可能です。
クレジット金利0%キャンペーン 開催中!
送料について
キャッシュレス・消費者還元事業
個数
商品詳細

DSD22.5MHz、PCM768kHz/32bit対応 デュアルモノーラルUSB DAC/ヘッドホンアンプ

UD-505はA4サイズのコンパクトな筐体に、長年培われてきたティアックのオーディオ設計ノウハウと、 ハイエンド・オーディオの設計思想を凝縮させたデュアルモノーラルUSB DAC / フルバランス・ヘッドホンアンプです。

前身となるモデルUD-501やUD-503と同様、ステレオ信号をよりピュアな状態で処理するデュアルモノーラル構成とし、 D/Aコンバーター部は旭化成エレクトロニクス社のフラッグシップモデル「VERITA AK4497」を左右に1基ずつ搭載。 各々のDACをモノラルモードで使用することにより高S/N値を獲得し、DSD 22.5MHz やPCM 768kHz/32bitの ネイティブ再生も可能としたハイスペック機にアップグレードしました。音質の要とも言えるアナログ処理部には 電流伝送強化型バッファーアンプ『TEAC-HCLD回路』を4回路搭載。バランス出力時にはフルバランス駆動、アンバランス出力時には 4回路を使ったパラレル駆動により、更に音楽の表現力をアップしました。 ヘッドホン端子は2基の6.3mm標準端子に加え、今回新たに4.4mm 5極端子を採用し、1本のプラグでバランス接続や アクティブ・グランド接続を可能としました。

ハイレゾ品質相当のワイヤレス再生が可能なLDACをはじめ、Qualcomm aptX HDやAAC, SBCなど多彩なコーデックに対応した Bluetoothレシーバー機能も新たに搭載。スマートホンやDAP(Digital Audio Player)からのワイヤレス再生も、 ハイスペックDACによる高品位な音質をカジュアルにお楽しみいただけます。

UD-505は、次世代のハイレゾ音源に対応した小型ハイスペックなUSB DAC / ヘッドホンアンプです。


■最大DSD 24.5MHz、PCM 768kHz/32bitに対応した高性能 DAC『VERITA AK4497』※
デジタルオーディオの要であるDACチップにはハイエンド・オーディオ・マーケットで定評のある旭化成エレクトロニクス社『VERITA AK4497』を左右に1基ずつ搭載しました。『VERITA AK4497』は、最大DSD 24.5MHz、PCM 768kHz/32bitに対応した最新フラッグシップのDACです。新開発のローディスト―ション・テクノロジーにより業界最高水準の低歪率を実現。さらにOSRDテクノロジー(Over Sampling Ratio Doubler Technology)により帯域外ノイズを大幅に低減するなど、可聴域を超えた音まで処理するハイレゾ音源に相応しい繊細な表現力を獲得しました。
※ AK4497は業務用オーディオ機器やハイエンド・デジタルオーディオ用に開発された旭化成エレクトロニクス社のAudio4pro™ファミリーのフラッグシップ製品です。

■フルバランス伝送に対応し、新たな進化を遂げたデュアルモノーラル構成
電源トランスから、電源回路、D/Aコンバーター部、アナログ出力段に至るまで一貫したデュアルモノーラル構成の贅沢な回路を採用しました。安定した電流供給能力が特長のトロイダルコア電源トランスや高性能D/Aコンバーター『VERITA AK4497』をはじめ、それぞれのチャンネルがモノーラルで完結する回路を2系統持つデュアルモノーラル構成はL/R信号によるお互いの干渉を防ぎ、音場感や立体感など豊かな音楽表現を実現します。
また、L/Rそれぞれのアナログ出力信号をD/A変換後から最終出力段までフルバランス伝送することで、S/Nの向上やダイナミックレンジの拡大に大きく寄与。よりピュアな状態でハイレゾ音源の持つ空気感を余すことなく伝えます。

■ハイレゾ相当の高音質なワイヤレス再生が可能なBluetooth®レシーバー部
ハイレゾ相当(96kHz/24bit)の音質でオーディオデータを通信できるLDAC™コーデックに加え、48kHz/24bitで通信が可能なQualcomm® aptX™ HDにも対応。もちろんAACやQualcomm® aptX™、SBCといった汎用性の高いコーデックにも対応しており、スマートホンやDAP(Digital Audio Player)から高音質ワイヤレス再生をカジュアルにお楽しみ頂けます。

■44.1kHz系と48kHz系の内部クロックに加え、10MHzの外部クロック入力に対応
USBオーディオ再生時には、不安定でノイズの多いパソコン側のクロックと同期させず、UD-505内部の高精度水晶発振器が作り出すクロックと同期してPCMやDSDデータの転送を制御するUSBアシンクロナス転送方式に対応。内部のクロックには44.1kHz系と48kHz系の2種類の専用クロックを搭載しており、低位相雑音が特長のオーディオグレード高精度水晶発振器をそれぞれ整数倍の入力信号に対して適用することで、音質に与えるジッターの影響を大幅に抑えて原音を忠実に再現します。 さらに、外部マスタークロック信号と同期をさせることが可能な10MHz外部クロック入力にも対応。TEAC製「CG-10M」などの高精度なマスタークロックジェネレーターと同期させることにより、更に高品位な音楽再生へのグレードアップが可能となります。

■最大PCM384kHz/32bit、最大DSD24.5MHzに対応したアップコンバート機能
デジタルオーディオ信号を滑らかに補完するフルエンシーアルゴリズムを用いた『RDOT-NEO』(Refined Digital Output Technology NEO)により、PCMデジタル信号を最大384kHz/32bitや最大DSD24.5MHzまでアップコンバートする機能を搭載しました。いつも聴いている音楽もアップコンバート機能を使うことで音質の変化をお楽しみ頂けます。

■4種類の転送モードによる音質の変化を楽しめるUSB伝送技術「Bulk Pet」※
USBケーブルでハイレゾ音源の膨大なデジタルデータを送る場合、従来のアイソクロナス転送では送信側のパソコンと受信側のUSB DACの双方に処理負荷の大きなムラが発生し、音途切れなどの問題が発生する可能性がありましたが、このUSB伝送技術「Bulk Pet」により一定のデータ量をコンスタントに転送するため、双方の処理にかかる負荷を平均化することにより安定したデータ転送が実現しました。パソコンの負荷状態が変わることで音質も変化するため、あらかじめ設定された4種類の転送モードからお好みの音質を選ぶことも可能です。
※「Bulk Pet」はインターフェイス株式会社の登録商標です。「Bulk Pet」の詳細についてはインターフェイス社のホームページをご参照ください。

■5種類のPCMデジタルフィルターと2種類のDSDデジタルフィルター
5種類のPCMデジタルフィルターに加え、2種類のDSDデジタルフィルターを装備。入力するファイル形式や音楽のタイプに合わせて最適なフィルターを選択することが可能です。付属リモコンを使うとワンタッチでフィルターを切り替えることができ、それぞれのフィルターが持つ微妙な音のニュアンスの違いを簡単にお楽しみいただけます。

・PCMデジタルフィルター
Sharp Roll Off:オーディオ帯域外の信号を急峻にカットするシャープロールオフ特性のFIRフィルター
Slow Roll Off:オーディオ帯域外の信号を緩やかにカットするスローロールオフ特性のFIRフィルター
Short Delay Sharp:オーディオ帯域外の信号を急峻にカットするシャープロールオフ特性のショートディレイフィルター
Short Delay Slow:オーディオ帯域外の信号を緩やかにカットするスローロールオフ特性のショートディレイフィルター
Low Dispersion:オーディオ帯域外の信号をカットする低分散特性のショートディレイフィルター
※352.8kHz/384kHz以上の信号を受信している場合は、上記の設定に関わらずデジタルフィルターはOFFで処理されます。

・DSDデジタルフィルター
Narrow:カットオフ周波数 39kHz(2.8M時)78kHz(5.6M時)156kHz(11.2M時)312kHz(22.5M時)
Wide:カットオフ周波数 76kHz(2.8M時)152kHz(5.6M時)304kHz(11.2M時)608kHz(22.5M時)

■デジタル部とアナログ部を完全分離したアイソレーション回路
デジタル部とアナログ部の相互干渉を抑えるため、電源およびグランドの完全独立回路構成はもちろん、デジタル部とアナログ部を接続する通信経路による相互干渉までも徹底的に排除しました。デジタルアイソレーターを接続部に設置することで電気的に絶縁し、パソコンからUSB経由で流入するノイズをはじめ、全てのデジタル入力ソースに由来するノイズが電源ラインやグランドを伝ってアナログ部に侵入することを防ぎます。このアイソレーション回路によってS/Nも更に向上し、音質的にも大きく貢献します。

■左右独立した大容量 トロイダルコア電源トランス
安定した電流を供給する大容量トロイダルコア電源トランスを左右チャンネル専用に各1基ずつ搭載。ここでもデュアルモノーラル設計を貫き、それぞれのチャンネルに他方の信号処理にかかる消費電流の変化による影響を受けることなく安定した電流供給を可能にしています。

■独自の電流伝送強化型出力 バッファーアンプ『TEAC-HCLD回路』
アナログ出力回路にとって重要な電流伝送能力を高める電流伝送強化型バッファーアンプ『TEAC-HCLD回路』(HCLD: High Current Line Driver)を搭載しました。電流伝送能力の高いバッファーアンプを片チャンネルあたり2回路構成とし、バランス出力の場合はディファレンシャル(差動)、アンバランス出力の場合はパラレル(並列)で駆動。電流供給能力を高めることで、音楽信号が持つダイナミズムを余さず伝えることが可能となります。

■4回路構成の高精度ボリューム 『TEAC-QVCS』を採用したプリアンプ回路
UD-505は、優れたアナログ部と豊富な入力系統を活かして高品位なプリアンプとしてもお使いいただけます。ボリューム可変/固定選択式のXLRバランス出力とRCAアンバランス出力を1系統ずつ装備しており、パワーアンプと組み合わせた本格的なシステムやアクティブスピーカーと組み合わせたシンプルなシステム構築が可能です。プリアンプ回路には、左右・正負(L+、L-、R+、R-)に独立した4回路構成の可変ゲインアンプ型ボリュームを使った『TEAC-QVCS』(Quad Volume Control System)を採用。アナログで処理される可変ゲインアンプ型ボリュームをオーディオ信号経路上に配置することで、オーディオ信号にノイズが入るなど配線の引き回しによる問題を排除しました。 また、この『TEAC-QVCS』により、dB表示モードの場合は0.5dBずつ、ステップ表示モードでは100段階で音量調節が可能となり、お使いのオーディオシステムやヘッドホンに合わせて最適なボリュームを得ることができます。

■視認性が高いフルドット OLEDディスプレー表示
4段階ディマーを備えた表示部にはコントラスト比が高くて見やすいフルドットOLED(有機EL)ディスプレーを採用。また、離れたリスニングポジションからもボリューム値や入力ソースなどの情報が確認できるよう、視認性の優れた大きなフォントも採用しました。

■バランス駆動型ヘッドホン対応、ディスクリート構成のヘッドホンアンプ部
左右各チャンネル4基ずつの出力トランジスタによって構成された『TEAC-HCLD回路』をヘッドホン出力時にも使うことで、バランス駆動型のヘッドホンを接続可能としました。さらに、シングルエンドでの使用時でもこれらのトランジスタをパラレル駆動させることで通常のシングルエンド・ヘッドホンアンプよりも力強くドライブ。独自の回路設計により、AB級アンプにもかかわらず、A級動作領域を拡大することで通常のヘッドホン・リスニング使用時ではA級で動作。600Ωのハイインピーダンス型ヘッドホンをはじめ、様々なタイプのヘッドホンのポテンシャルを引き出すことが可能となります。

■新しいヘッドホン駆動方式の提案 アクティブ・グランド駆動
アクティブ・グランド方式は、バランス接続の原理でCOLD側をグランドに接続することでアンプ回路によって強制的にグランドをドライブして0Vに近づける駆動方式です。通常のグランドに落とすよりも理想的なグランドを得られるだけでなく、電源から来るハムノイズの影響を抑える効果に加え、ノイズフロアが下がることで静粛性が増し、アーティストの息遣いや音のテクスチャーをより間近に感じられる効果も期待できます。

■新規格4.4mm 5極端子「Pentaconn」※を採用
フロント側にはバランス接続が可能な2基の3極式TRSジャック(6.3mmステレオ標準ジャック)によるヘッドホン出力端子に加え、1本のプラグでステレオ・バランス接続を実現する新規格4.4mm 5極端子を1基装備。この端子には株式会社日本ディックス製「Pentaconn」(JEITA規格 RC-8141Cに準拠)を採用。バランス接続用ヘッドホン端子の業界統一規格として、今後ヘッドホンメーカーやケーブルメーカーなどから4.4mm 5極端子に対応した製品が今後多数発売される予定です。UD-505ではこの新規格端子を採用し、1本のプラグでバランス接続またはアクティブ・グランド接続を可能としました。 一方、従来のTRSジャック側では、バランス駆動型ヘッドホンを接続することはもちろん、通常のヘッドホンを2台まで接続できるアンバランス駆動、さらには無音時における静寂性の向上や繊細な音の表現に有効なアクティブ・グランド駆動など3種類の駆動方式による音の違いをお楽しみ頂ける回路構成としました。

■制振性と高級感を両立するフルメタル筐体、デスクトップに設置できるA4サイズ
筐体のすべてを外来ノイズに強い金属パネルで構成することで、パソコンなどから発せされる電磁ノイズの侵入を抑制。オーディオ機器にとって厳しい環境下でもノイズの少ないクリーンな内部環境を実現しました。さらに、金属製シャーシをさらに両サイドから包み込む8mm厚のアルミパネルにより、ねじれや歪みを防いで強固で安定した筐体を実現しました。また、A4サイズ(天面)の筐体※ は机の上やサイドボードなどのわずかなスペースにも設置が可能です。 ※ 端子部やつまみなどの突起部は除く。

■シンメトリーに配置されたXLR出力およびRCA入出力端子
リア側の出力端子は金メッキ処理が施されたXLR端子によるアナログ・バランス出力のほか、RCAピン端子によるアンバランス出力を最短の信号経路になるようシンメトリーに配置。大径のRCAピンプラグも接続できるよう左右のピン端子のピッチを広く取るなど、ハイエンド機との接続も十分に考慮された設計です。デジタル入力はリア側3系統(USBx1、同軸x1、光x1)、フロント側1系統(同軸/光兼用端子 x 1)を装備。同軸、および光デジタル入力はPCM 192kHz/24bitをはじめ、DoP方式によるDSD 2.8MHzなどのハイレゾ音源の入力にも対応しています。フロント側のデジタル入力は同軸ミニと光ミニ兼用で、TEAC 「HA-P90SD」などのデジタル出力が可能なDAP(Digital Audio Player)と簡単に接続することが可能です。 ※ RCAピン - 3.5mmミニ変換ケーブル付属

■設置が容易な3点支持ピンポイントフット採用
床面のわずかな歪みにも影響されず、安定した本体の設置を可能にする3点支持方式の脚部を採用。各脚部にはスパイク形状を持つフット本体とすり鉢状の受け皿を持つフットベースが一体化したオリジナル構造のピンポイントフット※ を採用。ごく僅かな1点でのみ本体を支えることで振動や共振を減少させ、中低域のコモリや濁りを徹底的に排除し、音の輪郭を際立たせる分解能と音像定位の向上を実現します。
シャーシ側にしっかりと取り付けられたフット本体(写真上部)とフットベース部(写真下部)のフランジ形状部(すり鉢状の部分の外周部の突部)が3本のビスのフランジ部によってぶら下がる構造をしており、本体を持ち上げた時はお互いのフランジ部が噛み合うことでフットベースの落下を防ぎ、接地した時はスパイク尖端部とすり鉢の最深部の1点のみが接するピンポイント接地が可能となります。 オーディオ用の脚としては理想的と言われるものの、設置時にフットベースの位置決めが非常に困難だったピンポイント方式による設置を簡単に行えます。
※ 特許第4075477号、特許第3778108号

■WindowsとMac両方でのDSD 22.5MHz再生に対応した『TEAC HR Audio Player』を無償提供
DSD 22.5MHzやPCM 768kHz/32bitといった次世代のハイレゾ音源を簡単にWindowsやMacintoshパソコンから再生できる無料の専用ソフトウエアをご利用いただけます。ソフトウエアを立ち上げてUSBケーブルで接続したUD-505を選択するだけで、確実に最良の条件でデジタルオーディオデータを転送。専用ソフトウエアだからこそ「USB DACを認識しているが音が出ない」、「音は出るがダウンコンバートされている」などといったUSBオーディオ設定時におけるトラブルの心配がありません。
※ Windowsの場合はあらかじめドライバーのインストールが必要になります。

【機能一覧】
● DSD22.5MHz、PCM768kHz/32bitのハイサンプリングレート・ハイレゾ音源に対応USB-DAC機能
● 旭化成エレクトロニクス製D/Aコンバーター AKM VERITA 『AK4497』を左右に1基ずつ搭載
● 44.1kHz系/48kHz系専用のデュアルクロック搭載
● 5種類のPCMデジタルフィルター、2種類のDSDフィルター
● 最大DSD 24.5MHz、PCM 384kHz/32bitへのアップコンバート機能
● 10MHz外部クロック入力に対応
● LDAC、Qualcomm aptX HD、aptX、AAC、SBCコーデック対応Bluetoothレシーバー機能
● 独自の電流伝送強化型出力バッファー回路『TEAC-HCLD回路』
● デュアルモノーラル設計
● 左右専用トロイダルコア電源トランス
● デジタル部とアナログ部を分離するデジタルアイソレーター
● 『TEAC-QVCS』クアッドボリュームコントロール回路
● 『TEAC-HCLD』電流強化型バッファーアンプ
● バランス、アンバランス、アクティブ・グランド駆動対応 デュアル6.3mm標準ヘッドホン端子
● バランス、アクティブ・グランド駆動対応4.4mm 5極ヘッドホン端子「Pentaconn」(※1)
● ディマー付きフルドットOLEDディスプレー
● 簡単に確実なピンポイント接地が可能なティアックオリジナルピンポイントフット(※2)
● 4種類の転送モードによる音質の変化を楽しめるUSB伝送技術「Bulk Pet」(※3)
● DSD 22.5MHz、PCM 768kHz/32bit対応ハイレゾ音楽再生ソフト「TEAC HR Audio Player」無償提供 (Windows、Macintoshに対応)
● RoHS対応

※1 特許第4075477号、特許第3778108号
※2「Pentaconn」は株式会社日本ディックスの登録商標です。(JEITA規格RC-8141Cに準拠)
※3「Bulk Pet」はインターフェイス株式会社の登録商標です。

【仕様】
こちら(メーカーページ)にてご確認ください。

■商品ステータスについて

  • 入荷待ち … 常時在庫商品の品切れ状態です。入荷次第在庫ありに戻ります。
  • お取り寄せ … メーカーや代理店からお取寄せする商品です。ご注文を頂いてから発注致します。
    お届け日については、在庫状況や流通状況によって大きく異なりますので、ご注文手続きの前に 「お問合せフォーム」より先にお問合せください。
    (注)一部発売前ご予約商品を除き、ご注文手続き後の注文キャンセルは原則承っておりません。

■価格表記について

価格未定の予約商品、価格を明示できない商品に関しましては、当サイトの仕様上99,999,999 円と表記しております。予めご了承ください。

弊社通販サイトの掲載商品の表示価格につきましては、細心の注意を払っておりますが、 人為的なミス等により、通販サイト上の価格が実際の販売価格と異なる場合がございます。 その際は大変申し訳ございませんが、ご注文への返信メールにて表示ミスである旨をお伝えし、 ご注文の取り消しをさせていただく場合がございますので予めご了承ください。 (民法95条「錯誤に基づく契約無効」に基づきます。)
例:\248,000を\24,800といった桁違い、また市場相場から大きく逸脱した価格誤表示の場合は、錯誤のお詫びと正しい価格をお知らせし、価格を訂正させて頂きます。内容によってはご注文の取り消しをさせていただく場合がございます。何卒ご了承いただけますようお願い申し上げます。
価格および商品説明のミスにお気づきの方は、恐れ入りますがメール・お問い合わせフォームからご指摘頂けたら幸いです。

■在庫について

掲載商品は、当店実店舗でも併売しております。 在庫情報の更新は随時行っておりますが、 ご注文頂いた商品がタイミングによっては完売・品切れとなってしまうことがございます。
その場合、お客様には必ずご連絡を差し上げますが、万が一、入荷予定がない場合は、 誠に勝手ながらそのご注文をキャンセルとさせて頂くこともございます。予めご了承下さい。

■買取について

表示価格は上限価格となります。実際の買取価格は査定後にお出しいたします。
(注)表示された上限価格は常に変動しておりますのでご注意ください。
買取アップキャンペーン時は上限価格がアップいたします。アップ率はキャンペーンバナーに記載されているパーセンテージ等をご覧ください。
買取の詳細はこちら >>

■下取交換

当社オススメの買い替えサービス!お持ちの機材を売却して、欲しい商品をお得にゲットしよう!
下取交換の詳細はこちら >>

このページのトップへ